【来日直前】ニック・ハキムで5月病ともさようなら


みなさん、こんにちは!

最近暑いですが、みなさん、心と体の疲れとか大丈夫ですか?
ゴールデン・ウィークも明けて、5月病とかこじらせてませんか?

でも、安心してください。
もうすぐニック・ハキムという救世主があなたのもとにやってきますよ!
無気力な日には無理せず、ニック・ハキムを聴いてチルアウト。頑張らなくてええんや。

【新世代ソウル・シンガー、ニック・ハキム】

Nick Hakim(ニック・ハキム)は米ブルックリンを拠点に活動するシンガー、マルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサーです。2014年にセルフ・リリースEP『Where Will We Go Pt. 1 & Pt. 2 Eps』で注目を浴び、2017年6月、待望のデビュー・アルバム『グリーン・ツインズ』をリリース。新世代のソウルシンガーなんて言われています。

まずは聴いてみましょ~

MVからもニック独自の世界観満載です。

人気動画シリーズ、A COLORS SHOWにも出ています。絶妙な脱力感が好き。
ソウルフルで甘美な歌声はずっと聴いていられます。

聴いてお分かりの通り、彼の音楽はR&B、ソウル、サイケデリック、ジャズ的でもあれば、ヒップホップ的なビートもあり、あらゆるジャンルの要素が混ざっています。

きっとこれもベッドルーム・ポップや。

南米のフォークからDCパンクといった、多様性のある音楽に囲まれて育ったニックにとっては、当たり前のことかもしれないですね。むしろ、ニックにしか作れない音楽なのかも…

【地元の学生を支援】

もう少しニック・ハキムという人物について詳しくなりましょう。

この動画のインタビューでニックは自身の音楽が「自画像」のようなものであり、ありのままの自分を表現していると語っています。

学校での成績は決して良くなく、幼い時期には特別支援学級にもいたそうです。そんなニックですが、高校生のときに独学でピアノを学び始め、なんとバークリー音楽大学に入学しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせました。彼はその音楽の才能を活かし、社会貢献もしています。地元の学校に通う学生と一緒にスタジオに入り、彼らの才能を開花させる手助けをしています。生徒と会話するニックの優しい笑顔が素敵です。

最後には、「若い世代の人と一緒にいるのが好きなんだ。彼らはとてもピュア。たまに僕よりいろんなことを知っていて、驚かされるよ。」と言っています。

彼自身、苦労した体験をしたからこそ、同じ経験をしている子供たちに音楽を通じて手助けをしている。なんてナイスガイなんだ。

【インパクト大のジャケ写】

そんなニック・ハキム、2017年にデビューアルバム『グリーン・ツインズ』をリリースしています!

インパクトあるジャケ写ですよね。

このアートワーク及びアルバムタイトルでありトラックタイトルでもある、『グリーン・ツインズ』は、ニックが実際に繰り返し見た夢から来ているみたいです。

夢のなかでニックは昔住んでた町を歩いてて、そしたら緑の赤ん坊が二人やってきて、彼の周りを走り回る。やがて、道路に走り出すんだけど、毎回その赤ん坊が車に轢かれる夢だったみたいです。中々の悪夢。ちなみにニックはふたご座です。

このアルバムはマーヴィン・ゲイやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインに影響を受けているそうで、“RZAがポーティスヘッドのアルバムをプロデュースした”ようなサウンドを目指したそう。ソウルフルで甘美な歌声と、とろけるようなメロウネスが非常に心地よい作品となっているので、まだお手元にない方はぜひアルバムをゲットしましょ。

こんなのライブで聴いたら、勝手に体が揺れちゃうよ~

そんなあなたはもう彼の虜!朗報です!!

明日彼の初の単独来日公演がありますよ!!!

デビューアルバム出してから2年経ってようやく!ありがとう。

View this post on Instagram

DANNY NICK SONGS Photo @michi_poop

A post shared by Nick Hakim (@en_hakim) on

つい最近も日本に来てたみたいで、既に日本への愛を感じます。ワクワク。

View this post on Instagram

New music cum soon Photo @atorecords

A post shared by Nick Hakim (@en_hakim) on

新曲も匂わせてるし…もうドキドキしてきた…

とにかく、彼の日本での初めての単独公演は行くしかないです!
仕事終わり、学校終わりのオーディエンス全員でチル。グッドバイブス

今から音源チェックして予習しておきましょ!!

■ライヴ情報

日時:5月28日(火)
会場:渋谷 WWW X
前売:¥5,800(スタンディング・税込・1 ドリンク別)
OPEN 18:30 / START 19:30
お問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

TICKET
下記プレイガイドにて好評発売中!
東京:e プラス、ローソン、ぴあ(英語販売あり)、岩盤 ganban.net

CREDIT
協力:Hostess Entertainment
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751
http://smash-jpn.com

■リリース情報

アーティスト:Nick Hakim (ニック・ハキム)
タイトル:Green Twins(グリーン・ツインズ)
レーベル:ATO / Hostess
品番:HSE-4092
発売日:発売中!
価格:2100円+税

※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳(中村理菜)、ライナーノーツ(田中宗一郎)付

<トラックリスト>

01. Green Twins
02. Bet She Looks Like You
03. Roller Skates
04. Needy Bees
05. TYAF
06. Cuffed
07. Miss Chew (feat. Jesse & Forever)
08. Farmissplease
09. Those Days (feat. Onyx Collective)
10. Slowly
11. The Want
12. JP

【初回仕様限定:ダウンロード・ボーナストラック(フォーマット:mp3)】
01. Bet She Looks Like You (Live At Market Hotel)

※アルバム『Green Twins』配信中!
リンク:http://smarturl.it/jicl9a

■バイオグラフィー
米ブルックリンを拠点に活動するシンガー、マルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサー。2014年、EP『Where Will We Go Pt. 1 & Pt. 2 EPs』をセルフ・リリース。日本でもそのソウルフルな歌声が話題となり早耳リスナーを中心に注目を集める。米R&Bシンガーのマックスウェル、ハウ・トゥ・ドレス・ウェル、キングのツアーのサポート・アクトとして出演。2017年6月、待望のデビュー・アルバム『グリーン・ツインズ』をリリース。2019年5月、初の単独来日公演が決定。