何を着ても決まる【No.1 Party Look】アレックス・ターナー


 

 

音楽、、、それはエンタテイメント。

表現方法は多岐に渡るが、全てのミュージシャンに共通するのはショウを行うこと。つまりオーディエンスの前でのパフォーマンスである。そこで切っても切り離せないのが、ステージ上での衣装。

記憶にもまだ新しいのが4月27日に来日公演を行った、アークティック・モンキーズのフロントマン、アレックス・ターナーと元ザ・ラスカルズのマイルズ・ケインによる夢のロックンロール・ユニット、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ(TLSP)だろう。

TLSP1

今回はこのアレックス・ターナーのファッションについて少し触れてみたい。(既にこの新アー写につっこみたくなりますが。笑)

アレックスは、まるで「さらば青春の光」に出てくる60年代のモッズ族やロッカーズのファッションを難なく着こなしたり、「サブマリン」の主人公の様にややなよっとしたファッションをも見事に自分のものとして落とし込んだり。そのポテンシャルはまさに彼にしか成し得ないものだろう。(前述の上下ジャージも然り。)

TLSP4

TLSP3

TLSP2

そんなアレックス、過去にはSAINT LAURENTからツアーステージ衣装を提供されたことも。

その際のツアーステージで彼が着用したのが、サンローランのブラックシャツとパンツに、細身でミニマルなデザインのペンシルストライプジャケットである。ギターも含め、オールブラックで統一されたルックをクールに着こなしていたのだ。

TLSP5

と、前置きが長くなりましたが、このように一概に一言でファッショナブルやオシャレ、クールなどの既出の語彙では表現しがたく、新規に彼専用で彼を形容するためのワードを創りたくなるほどのポテンシャルを持つアレックス。今回の来日公演のファッションが非常に気になるところではある。。。

 

TLSP6

!!!!!!!!!!

今回、全身緑で各所に?(クエスチョン・マーク)がちりばめられているセットアップで登場したアレックス・ターナー!

そう、まさにアレである。アメリカンコミック『バットマン』に登場する悪役の一人。リドラーではないか。

TLSP7

↑ちなみにこちらがリドラー。

 

さっきの写真じゃちょっとよく見えない。。。。

そんなあなたのために、もう少しアレックスに寄ってみると

TLSP8

TLSP9

(画像はTwitter @ArcticMonkeysJPより拝借)

 

確認できただろうか???

しかもこの派手なジャケットをステージ上の衣装としてだけではなく、プライベートで私服としてまで着まわしてしまうから凄い。このジャケットを着てラーメンなんて食べて、スープが飛んでも、豚骨臭がついても大丈夫なのだろうか・・・。(心配)

 

TLSP10

また、実はこのジャケット、生粋のアレックスファンなら知っているかもしれないが、去年のハロウィンでリドラーのコスプレをしていた時に着用していたもの!一体どこで手に入れるのであろう???

アレックスのように、ファッションにこだわりがあるアーティストばかりではないが、今後好きなアーティストのステージ衣装にまで注目するようになったら、今よりもっとライブが楽しくなるかも!?

皆さんにも是非注目してみてほしい!!