【このおじさんは】政治と音楽【誰なんだい】


みなさんこんにちは

先週末・今週末はコーチェラフェスティバルがアメリカのカリフォルニアで行われていますね!もちろんホステスファミリーもたくさん出演しておりますよ~~~~!
YouTubeでのストリーミング再生も、今年からなんと2週目も放送してくれるそうで(やったー!)、しかも360度見られる映像なんだとか。まじ、、、わたし先週家から出ずにずっと見てたけど今週も家から出れないじゃん、、、、、

ということで家でソロコーチェラをかましていたわたしですが、ちょっと気になることがありまして。

 

Grimesのパフォーマンスにて

GRIMES_Bernie2
ん???誰???このおじさん誰???????

 

Run The Jewelsのステージでも

誰なの!!?!!!?!?ねぇ!!このおじさんは誰なの!?!???!?!?????

 

最近のニュース・政治に敏感な方ならおわかりかと思いますが

この方、2016年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党候補者の一人、バーニー・サンダースさんなのであります。

 

どんな方なのか、詳しくはWikipedia先生をチェキラ!

 

アメリカの大統領選といえば最近はお騒がせトランプさんや、あのヒラリー・クリントンばかりに目が行ってしまいますが

このサンダースさん(御年74歳!!)、なんとアメリカの若者から圧倒的支持を受けているのです。


彼の主な公約はコチラ↓

・男女の賃金平等化
・質の高い保育サービス
子供の貧困と若年者失業の削減

 

サンダース支持者の多くを占めるアメリカの若者は、高すぎる学費や不安定な非正規雇用、そして学生ローンを支払い続けながらこの先暮らしていかなければいけない、、、などたくさんの不安を抱えています。そんな中で格差是正と公平な社会の実現を掲げて挑んでいるサンダースに、社会システムから排除されて疎外感を持ってきた多くの若者が共鳴し、支持をしているのだそう。

 

つまりサンダースは
アメリカのアウトサイダーの味方
と考えていいのかも?

音楽界のアウトサイダーであるインディロッカー達もそんな彼に惹かれ、多くのバンドが支持しているのかもしれません。

 

特に顕著なのがこの方

Vampire Weekend / Modern Vampires Of The City (a-sya)(BGJ-10167)

Vampire Weekend(の、エズラ君)!!!

 

先日ニューヨークで行われたサンダースの集会でダーティー・プロジェクターズと共にパフォーマンスを行った彼ら。

 

ボーカルのエズラはツイッターでサンダースについてばかりを書きすぎ、ファンには「他のことも呟いてよ!!!」と言われてしまっているとかなんとか。

「サンダース以外のこと、呟かなきゃな」と本人もツイート

 

 

ほかにも

ルー・バーロウ/サーストン・ムーア(ソニックユース)/TV・オン・ザ・レディオ/ビリー・グールド(フェイス・ノー・モア)/ラウル・パンチェコ(オゾマトリ)/ヨニ・ウルフ(ワイ?)/フォスター・ザ・ピープル/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/ニール・ヤング/ジェフ・トゥイーディー(ウィルコ)

などなど様々なバンドマン達がサンダースを支持しているのです。

 

さらにサイモン&ガーファンクルは自らの曲を選挙活動に使用することを許可!
こちらが彼らの楽曲「アメリカ」が使われているキャンペーンCM

このオフィシャルHPではサンダースに賛同するアーティストおよび文化的リーダー128人が記載されています。
気になった人は一度目を通してみては!?

 

 

え、何?政治???そんなの難しいし興味ねーよ!なんて言わないで

 

セックス・ピストルズにしかり、忌野清志郎にしかり、
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンだって「自分たちの全ての音楽活動は政治的声明を伝える手段であり、それ以下でもそれ以上のものでもない」って言ってるし、音楽と政治って意外と切っても切り離せない関係なのかもよ!