ジュリアナ・バーウィック、初来日ツアー今月開催(感涙)!


Julianna Barwick

 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

 

スフィアン・スティーヴンスによる久々のアルバム『Carrie & Lowell』のリリースがいきなり発表され、年明けから小躍りをしている方に更なる朗報です。そのスフィアンが主宰するレーベル<Asthmatic Kitty>からのリリースでも知られる、ニューヨークの幻想系女性シンガー・ソングライター、ジュリアナ・バーウィックが今月初来日ツアーを行います!

 

ジュリアナ・バーウィックと言えば、2013年にリリースした最新アルバム『Nepenthe』(Dead Oceans)が数々の年間ベストに軒並み選出されたことで、その名前を知った人も多いかもしれません。シガー・ロスのプロデューサー、アレックス・ソマーズと共にアイスランドで制作されたこの作品。幾層にも重なり合うヴォーカル、電子音、ループやサンプル、そしてアンビエント・ノイズ・・・どこか教会音楽をも彷彿させる神聖さと気高さを湛えた独特の音世界にハマる音楽ファンが続出!(←私もです!)ポチっとPLAYボタンを押す(表現が古いですが)やいなや、別世界へと誘われたようなトリップ感。いつの間にやら現世の悩みなどどこへやら・・・という、抜群の効き目を持つ魔術系アルバムとして高い評価を受けました!

 

「One Half」

「The Harbinger」

 

その幻想的かつ荘厳な音世界がどのようにライヴで再現されるのか?しかも今回は、東京の品川教会グローリア・チャペルを皮切りに、新潟県政記念館や神戸旧グッゲンハイム邸、大阪の島之内教会まで、彼女の世界感にぴったりのユニークな会場でライヴが行われるところも注目です!

 

FKAツイッグスのチケットを取り忘れた方や、ジュリア・ホルターやグルーパーといった同世代アンビエント女子が気になっているという電子音好きはもちろん、前述のシガー・ロススフィアンのファンのかた、教会および建築マニア、そしてとにかく最近お疲れ気味で癒しが欲しいというサラリーマン(私もです!)のあなたまで、まさに必見のライヴになること間違いありません。

 

ワサビを使ったクラフト・ビール“Rosabi”をテーマにした作品まで作ってしまう、ちょっとお茶目なジュリアナさん。貴重な来日公演をお見逃しなく!

 

Julianna Barwick @ Live on KEXP

 

◆ 来日公演情報

 

FOUNDLAND feat. Julianna Barwick

 

1/23(金)東京・品川教会グローリア・チャペル(品川区北品川4-7-40)
adv./door 4,000/4,500yen
open 18:00/start 19:00
w. 石橋英子 *new
shop: Linus Records
ご予約・お問い合わせ:FOUNDLAND

experimental rooms presents
1/24(土)新潟・新潟県政記念館(新潟市中央区一番堀通町3-3) *SOLD OUT!
adv./door  3,500/4,000yen(県外3,000yen/18歳以下無料)
open: 16:30 / start 17:00
w.福島諭+濱地潤一、青葉市子
ご予約・お問い合わせ:experimental rooms
*現在新潟公演は定員のため、ご予約受付を終了しております。たくさんのご予約ありがとうございました。

1/25(日)神戸・旧グッゲンハイム邸(神戸市垂水区塩屋町3-5-17)
adv./door 3,500/4,000yen
open 17:30/start 18:00
w. Cuushe *new
ご予約・お問い合わせ:FOUNDLAND

1/26(月)大阪・島之内教会(大阪市中央区東心斎橋1-6-7)
adv./door 3,500/4,000yen
open 18:30/start 19:00
ご予約・お問い合わせ:FOUNDLAND