ソウルフル?サイエンス・フィクション?ニルファー・ヤンヤの”SF”なデビュー・アルバム


僕のイチオシ、とんでもなくずば抜けた才能の持ち主が遂にデビュー・アルバムをリリースしました。トルコ系イギリス人ギタリスト/シンガーソングライター、その名も

 

ニルファー・ヤンヤ(Nilüfer Yanya)

 

でございます!

 

3/22(金)にリリースされたばかりの彼女のアルバム、『ミス・ユニバース』。これが本当に最高なんですよ…。若手のソウル系シンガーの中でも際立った個性の持ち主で、まさにニュータイプなんじゃないかと。ブラック・ミュージックに大きくインスパイアされたオルタナ・サウンドがニルファーの音楽の特徴で、すでに世界各国の音楽メディアから高い評価を得ています!

 

BBCが発表した「2018年期待の新人アーティスト」に、現在のインディー・シーンを象徴する存在とも呼べるスーパーオーガニズムペール・ウェーヴスらと共に選出されたり、FADERの「注目すべきイギリス人アーティスト」にも選ばれるなど、UKでは本格デビュー前から大ブレイクが約束されたも同然の認知度。

 

これだけの期待が集まるニルファーの音楽。どんなものなのかさっそく聴いていただきましょう。まずは個人的に大好きな「In Your Head」

グランジっぽいサウンドだけど、サビはすごくキャッチーでメインストリーム感もある。なにより甘すぎない声が艶っぽい!

 

お時間あれば、ちょっと切ない良メロが耳に残る「Tears」もぜひ聴いてみてください。

 

ニルファーは、6歳の頃から頭の中で作曲をはじめ、12歳でギターを使って作曲するようになったという、まさに神童。日本だったら”奇跡体験!アンビリバボー”で特集されるレベルの天才キッズだったわけですが、自分の楽曲を人前で演奏することには自信が持てず、表に出るまでには長い時間がかかったそう。

 

 

そんなニルファーの才能を見出し、勇気づけたのが三人の恩師。彼女を支えたキーマンたちをご紹介。

 

叔父のジョー

彼女の叔父であるジョーはプロデューサー業もこなすミュージシャンで、彼が所有するスタジオでニルファーはよくセッションをしていたんだとか。ジョーは自分の音楽キャリアの中で歌を歌わなかったことを後悔していて、ニルファーに同じ後悔をさせまいと、君は絶対に歌をうたうべきだとアドバイスしたそうです。

 

ニルファーのギターの師匠、ジ・インヴィジブルのデイヴ・オクーム

ニルファーのギターの先生だったのが、ジ・インヴィジブルのフロントマンであるデイヴ・オクーム。ニルファーはリフを覚えるためにリバティーンズの曲を教えて!と頼んでいたようですが、結局「何かを演奏するのに一番簡単な方法は自分で作ること」なんだと教えられたそう。デイヴはニルファーに作曲のセンスがあることに気が付いていたのかも。

 

↓ジ・インヴィジブルのセッション・ライブ↓
The Invisible Boiler Room London x Goldsmiths Sessions In Stereo

音楽学校の先生

ニルファーは週末に音楽学校に通っていて、そこではじめてバンドを組んだようです。ニルファーはその先生にだけは自分の曲を披露するのが怖くなかったと語っているくらい、心を開いていた様子。それでも人前に立つ自信がなかなか持てなかったニルファーですが、先生の「せっかく素晴らしい声をもっているんだから、歌うべきだよ」という言葉が、音楽の道へ進むことを後押ししてくれたのだとか。

 

素晴らしい恩師たちの支えもあり、彼女が徐々にライヴをするようになった18歳の頃、SoundCloudにいくつかのデモ音源をアップ。するとたちまち注目を浴び、すぐさまロンドンのインディーレーベル〈Blue Flowers〉から立て続けに3枚のEPをリリースすることに。(デモ音源はこちら

この時期の作品がまたソウルフルでめちゃくちゃカッコイイからぜひ聴いてもらいたい!!

Nilüfer Yanya – Keep On Calling

 

その後、ニューヨークの〈ATO Records〉と契約。ザ・エックス・エックス、インターポール、ブロークン・ソーシャル・シーン、ミツキのツアーのサポートアクトに抜擢されるなどして、瞬く間に時の人となるのです。

最近ではシャロン・ヴァン・エッテンのツアーにも参加。はやく日本にも来てくれ~!

 

そんなニルファー、めちゃめちゃ人情深いというのも僕の推しポイントだったりします。大手レーベルとの契約後も音楽業界に染まったり、ビッグ・ネームのプロデューサーを雇ったりすることなく、これまでにお世話になった人達と一緒に音楽を作りたいと、アルバム『ミス・ユニバース』のほとんどは叔父さんのスタジオでレコーディングを行なったそう。そして、収録曲の「Heat Rises」はデイヴ・オクームによるプロデュース!そしてそして、「Heavyweight Champion Of The Year」は音楽学校に通っていた頃からの旧い友人で、現在ニルファーのバンドメンバーとしても活動するサックスのジャジー・ボビーとベーシストのルーク・バウワーとの共同プロデュース!いい話じゃない!?

Nilüfer Yanya – “Heavyweight Champion of the Year” (Live at WFUV)

 

さらに、ニルファーが公開しているMVのいくつかは”ENERGYFORCE”という会社が手がけているのですが、その制作チームにいるのはなんと、ニルファーの実の姉妹なのであーる!

Nilüfer Yanya – Thanks 4 Nothing

最後に「ENERGYFORCE」のクレジットが出てきます

 

ちなみにニルファーは3人兄弟。ソックリ!

View this post on Instagram

Lol omg we are scary

A post shared by @ niluferyanyaaaaaa on

 

さて今回のアルバム、既に聴いている方は気になっているであろう、1曲目の「WWAY HEALTH™」。爽やかオシャレなイントロが始まったと思いきや…、「Thank you for entering your details and welcome to WWAY HEALTH™…」と、機械調の謎の音声が流れ出します…。

Nilüfer Yanya – WWAY HEALTH (Official Audio)

 

こちらの「WWAY HEALTH™」というワード、実は最初にご紹介した「In Your Head」のMVの冒頭にも意味ありげに出てきているんです。気がついた?

 

実は「WWAY HEALTH™」というのは、”We Worry About Your Health (あなたの健康が心配です)”の頭文字から取られた略称で、架空の健康管理会社という設定。そしてその会社が流している自動音声が、楽曲としてアルバムの最初に登場するのです。しかし、一体全体なぜそんなことに…??

 

なんとニルファー、Netflixオリジナルの大人気SFドラマ「ブラック・ミラー」に触発され、今回の作品をSFチックなストーリー仕立てのコンセプト・アルバムにしてしまったんです!「ブラック・ミラー」は近未来を舞台に、テクノロジーの進化によって人間の狂気や闇が浮き彫りになる1話完結のオムニバスドラマ。キツ〜い風刺が効いていて、観はじめたら止まらない!ニルファーが激ハマりしたのも納得のおもしろさなんです!

 

そんなわけで、ニルファーの作り出した近未来SFの世界では「WWAY HEALTH™」という架空の会社が皆のパラノイア(ある妄想を持ち続ける精神病)や不安を探っているようです。
実際に会社のホームページまで作っていて芸が細かい!
https://www.weworryaboutyourhealth.com/

 

この自動音声はニルファー本人の声なんですが、SiriやAlexaの話し方をイメージして録音したそう。そしてこの架空の声の持ち主の愛称が「ミス・ユニバース」ってわけ。

 

1曲目の「WWAY HEALTH™」以外にも何曲かミス・ユニバースの音声が流れるだけのインタールードが収録されていて、SFなイメージと同時に、世にも奇妙な物語のようなちょっとゾクッとする展開が待ち受けているのです!

 

どんな内容になっているのかはネタバレになってしまうのでここでは教えられないぜ!気になる方は是非アルバムを聴いてみてください!『ミス・ユニバース』配信中です!

 

 

ではまた!

 

【リリース情報】

アーティスト名:Nilüfer Yanya(ニルファー・ヤンヤ)
タイトル:Miss Universe(ミス・ユニバース)
レーベル:ATO / Hostess
品番:ATO0448CD
発売日:絶賛配信中!

〈トラックリスト〉
01. WWAY HEALTH™
02. In Your Head
03. Paralysed
04. Angels
05. Experience?
06. Paradise
07. Baby Blu
08. Warning
09. Heat Rises
10. Melt
11. “Sparkle” GOD HELP ME
12. Safety Net
13. Tears
14. Monsters Under The Bed
15. The Unordained
16. Give Up Function
17. Heavyweight Champion Of The Year

※配信サービスにて絶賛配信中!
リンク:http://smarturl.it/92yn8h