フィービー・ブリジャーズの初来日公演を目撃する人生か、しない人生か。


平成の終わりが近づく今日この頃、みなさまいかがお過ごし?

最近のぼくは海外のアニメ『悪魔バスター スター・バタフライ』にどっぷりはまっておりました。向こうの作品って伏線がバシバシ張られているものが多くておもしろいよね。だけど絵は超コミカルというギャップも最高。考察ブログを読みさらに沼から抜け出せない日々です。長くなるので詳しいことは割愛で。よろしければみなさまも是非☆
私たちが生きたこの平成、最後の最後まで悔いのないように生きようね!

ということで本日はこのお方の歌声を聞かずに新元号には突入できない!
先ほどのアニメとは何の関係もない(ないんかい)、フィービー・ブリジャーズをご紹介!

本日から二夜連続で待望の初来日公演を開催するフィービー・ブリジャーズ
なんと両日ともにギリギリ若干枚数当日券の販売もあるらしいフィービー・ブリジャーズの来日公演。

全世界が注目するシンガーソングライター、フィービー・ブリジャーズの”今”のライヴを観ることができる、この貴重なチャンスが今ここ日本に・・・!

散々フィービー・ブリジャーズと言いまくったので(気が済んだ)そろそろフィービー・ブリジャーズの紹介に入りますね。プレイリスト置いておくので聴きながらゆるっと読んでくださいまし。

 

iPhone 5sのCMに抜擢

 

1994年LAに生まれたフィービー。わずか11歳という若さでソングライティングを始めたという…スゴイ。11歳のときなんて音楽の授業でリコーダー吹くのに必死でしたね。そのまま才能が爆発して2014年にはなんと、起用されたらブレイク間違いなしとの呼び声も高いAppleのCMに大抜擢。iPhone5sのCMに本人も出演しピクシーズ「Gigantic」をカヴァーし、世界中が彼女に注目するきっかけとなりました。

このCM、見覚えある人もいるのでは? 今とはまた雰囲気の違うフィービーを見つけられるかな?

 

年間ベスト総なめのデビューアルバム

 

アルバムの発売を期待されていたフィービーは遂に、スロウダイヴミツキ等が所属する米名門レーベル<Dead Oceans>から『ストレンジャー・イン・ジ・アルプス』を2017年にリリースしました。

個人的に大好きな「Scott Street」のMVを。

Phoebe Bridgers – Scott Street (Official Music Video)

イントロだけで泣けます(本当)
でもこの儚げなサウンドに対して、みんなが彼女と同じ髪色のウィッグを被っていろんなところへ行くというなかなかのシュールさを放つMVのギャップが何気にツボ。

アルバムをリリースするとたちまち大物ミュージシャンが大絶賛!

「今こそ彼女を聴くときだね。これ(『Stranger In The Alps』)を聴いてごらん。凄いのが出てきたよ。」ー ジョン・メイヤー(シンガー・ソングライター)

「超楽しみ。彼女がフル・アルバムをリリースするなんて泣くほど嬉しい!絶対買うべきね」
ー ヘイリー・ウィリアムズ(パラモア)

そして各メディアの年間ベストを総なめにしてしまうという…、これまたスゴイ。ぼくなんか好きな子のリコーダーしか総ナメにしてないですよ。(大嘘)
FADER(アメリカのハイエンド・カルチャー誌)の2017年度新人アーティスト・ベスト15組で、Khalidを抑えて栄光の第1位を獲得!発表されるツアーは完売続出で世界中にフィービー難民が溢れたとさ。

 

View this post on Instagram

 

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿

 

各アーティストとの多彩なコラボ

 

ジュリアン・ベイカー、ルーシー・ダカスと結成したボーイ・ジーニアス。
これまたエモい。
boygenius @ Brooklyn Steel | Pitchfork Live

つい先日、突如アルバムをリリースしたコナー・オバーストとの新プロジェクト、ベター・オブリヴィオン・コミュニティー・センター
このアルバムは既にぼくの年間ベスト入り確定です。

Better Oblivion Community Center – Dylan Thomas

とても儚くセンチメンタルな曲を産み出す彼女フィービーですが、SNSはとてもおちゃめ。

くび大丈夫?

 

View this post on Instagram

 

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿

くしゃみ

 

View this post on Instagram

 

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿

これめっちゃすこ

 

View this post on Instagram

 

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿

このギャップ、好きになっちゃう。

そして先程ご紹介したMV「Scott Street」の影響からかファンによる真似っこ写真が続々。

 

View this post on Instagram

 

thanks for being better at being myself than me

Phoebe Bridgersさん(@_fake_nudes_)がシェアした投稿 –

みんなキマってるね。(最高)
しまいには、”あなたはどのヘアスタイルのフィービーですか?診断“も作られるというイジられっぷり。みんなも試して真似してみてちょ。

ちなみにぼくは紫フィービーでした。来日公演に紫ヘアーがいたらそれはぼくです。ウソです。

そう!なんと!冒頭でも触れましたがフィービー、来日します!!!!(歓喜)
当日券も若干枚数でます!まだ間に合います!!!!!!!

私事になりますが2017年個人的ベストアルバムのうちの1枚なくらい大好きで、2018年もその余韻に浸っていた者の1人なのです。
どうにかこうにかフィービーの歌声を生で聴きたいと思っていた身としては2019年ビッグニュース、ビッグメモリーのひとつになりそうな嬉しい出来事!

フィービーの魅力は何度も言っておりますが、やはり透き通る歌声。その歌声はメロディと合わさって静かにスッと心に落ちていく。そして最後に気づけば涙している。

そして来日公演、本日でございます。

Hostess Club Presents Phoebe Bridgers
アーティスト:Phoebe Bridgers
サポートアクト:Christian Lee Hutson
日程 / 会場:
2019年2月20日(水)東京・代官山UNIT
2019年2月21日(木)東京・代官山UNIT
Open 18:30 / Start 19:30

 

このポスター最高じゃないですか。

オープニング・アクトにはフィービーのバックバンドのギタリストであり、ベター・オブリヴィオン・コミュニティー・センターのアルバムにも参加している盟友クリスチャン・リー・ハトソンがサポートアクトとして出演。

 

日本限定デザインTシャツも販売されます。
これは買いだね!フィービー・ブリッジャーズ。

 

そしてさらなる朗報!
なんとフィービー、終演後にサイン会を開いてくれるとのこと!ヤピー!
フィービー・ブリジャーズ サイン会詳細 はこちらから。
http://hostess.co.jp/news/2019/02/018075.html

これはライブの帰りにアルバムを聴いて余韻に浸る自分が想像出来るな。
『ストレンジャー・イン・ジ・アルプス』強し。。

2月20日、21日は彼女のライブを観て静かに1日の幕を閉じよう。

ではまた!

 

【公演情報】
Hostess Club Presents Phoebe Bridgers
日程 / 会場:
2019年2月20日(水)東京・代官山UNIT
2019年2月21日(木)東京・代官山UNIT
Open 18:30 / Start 19:30
サポートアクト:Christian Lee Hutson
※サポートアクトの出演による開演、フィービー・ブリジャーズの演奏時間の変更はございません。
チケット:オールスタンディング 6,000円(税込 / 1ドリンク別途)

★当日券:両日ともに若干枚数販売

公演オフィシャルページ:
https://ynos.tv/hostessclub/schedule/20190220.html

主催・制作・招聘:イーノス
協力:ホステス・エンタテインメント

<注意事項>
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

【リリース情報】

アーティスト名:Phoebe Bridgers(フィービー・ブリジャーズ)
タイトル:Stranger In The Alps(ストレンジャー・イン・ジ・アルプス)
レーベル:Dead Oceans / Hostess
品番:HSE-6520
発売日:絶賛配信中!
<トラックリスト>
01. Smoke Signals
02. Motion Sickness
03. Funeral
04. Demi Moore
05. Scott Street
06. Killer
07. Georgia
08. Chelsea
09. Would You Rather
10. You Missed My Heart
11. Smoke Signals (Reprise)
※配信サービスにて絶賛配信中!
リンク: http://smarturl.it/6fqa7u
 ———————

アーティスト: Better Oblivion Community Center (ベター・オブリヴィオン・コミュニティー・センター)
タイトル:Better Oblivion Community Center (ベター・オブリヴィオン・コミュニティー・センター)

レーベル:Dead Oceans / Hostess Entertainment
デジタル発売日:絶賛配信中!
CD / LP発売日:2019年2月22日(金)

<トラックリスト>
01. I Didn’t Know What I Was In For
02. Sleepwalkin’
03. Dylan Thomas
04. Service Road
05. Exception To The Rule
06. Chesapeake
07. My City
08. Forest Lawn
09. Big Black Heart
10. Dominoes

※アルバム『Better Oblivion Community Center』配信開始!
http://smarturl.it/q0apu3

.