【話題のApple CMソング】SHAED(シェイド)って誰?!【MacBook Air】


 

11月も終わります。2018年が終わります。皆様如何お過ごしでしょうか。
さて。先日販売開始となったMacBook Air – Lightness。毎回毎回、これは誰の曲??と思わず検索してしまうような楽曲を起用するAppleのCMソングですが、今回も例に違わずハッと耳を傾けてしまう素敵な楽曲。これは誰の曲?何というタイトル??と気になった方も多いみたいなので、今日は話題のApple CMソングについてのお話しです!

 

MacBook Air最新CMの気になるあの曲

 

まずはCMをご覧になっていない方のためにもこちらをどうぞ。

MacBook Air — Lightness — Apple

 

この気になるCMソングを演奏しているグループこそが、新たなフューチャーR&Bの可能性を担う注目のエレクトロ・ポップ・トリオSHAED(シェイド)なのです!

 

 

SHAED(シェイド)って何者?SHADEじゃなくて??

 

シェイドは双子のマックススペンサー、そしてフロントウーマンのチェルシーから成るアメリカはワシントンD.C.出身の3人組エレクトロ・ポップ・バンド。

元々The Walking Sticksというユニットとして活動していたマックスとスペンサー。そしてボーカルのチェルシーも、実は2008年 – 18歳のときにアトランティック・レコーズと契約した経歴も持っているなど、それぞれに音楽活動を行っていました。

3人はソウルフルなR&Bからアンビエント、ロックまで様々な音楽が溢れているワシントンD.C.にて高校の時に出会い、意気投合してベストフレンドに。いつも一緒に曲を書いたりレコーディングしたりして遊んでいたんだそう。

そしてある時80年代のカシオの素晴らしいキーボードを手に入れて、3人全員がそのキーボードで曲を書いたんだって。それがこれまでやってきたどの音楽活動とも全く違って感じられたことが大きなきっかけとなり、得てして三人での活動を始め2016年3月にSHAEDとしての形になったんだそう。

バンド名を決めるのには一生かかるんじゃないかと思うぐらい苦戦したらしい。最終的には、3人全員が大好きでみんな読んだことがあるファンタジー小説”Name of the Wind”に出てくる、女神によって織られた魔法のマントの名前からとってSHAEDと名付けたんだって。なるほど、だから英単語のShadeとはスペルが違っていたのか~。

 

プライベートと制作活動

 

前作EP『Just Wanna See』まではマックスとスペンサーがトラックを担当し、チェルシーに送付、チェルシーがメロディーをつけて、それからみんなで歌詞にとりかかる、というスタイルで製作をしていたんだそう。でも、グループとして全体のプロセスを一緒に取り組むほうがいいよねっていうことで、なんと3人は郊外に家を買い昨年9月に引越して三人暮らしをはじめ、全ての時間を共に過ごしているんだって!大胆!

その上なんとチェルシーとスペンサーは今年10月に結婚したばかりの新婚ほやほや!(ヒューヒュー!)

 

「Trampoline」が生まれるまで

 

そんな新しい暮らしの中で製作されたのがCMソングにも大抜擢「Trampoline」も収録されている最新作『MELT』なんです。

アルバムの中でも過去の作品と新作の橋渡しをするような重要な役割を担っている「Trampoline」は、ある日みんなでホームビデオを見ていた時に見つけた、マックスとスペンサーが4歳くらいの頃にトランポリンでジャンプしている陽気なビデオから着想を得た楽曲なんだそう。なんとも可愛らしい話!

 

※「Trampoline」のミュージックビデオが公開になりました!※12/5 追記※

※※

 

それにしても双子とはいえ新婚カップル+1という3人組、しかも同居ってどうなんだろう…なんて余計な考えが頭をよぎってしまうのは私だけじゃないよね?でもどうやら外からいらぬ心配をする必要はなさそう。。

“彼らと一緒にいて最高なことと最低なことは?”という質問に

“二人はいつも私の心をとっても幸せにしてくれるの。最高なのは一人じゃなくて二人のベスト・フレンズがいるってところかな。最低なのは彼らにどんなディナーを作るか考え出すときね。(二人の食べたいものが全く違うの!)そしてそう、私がこのグループで一番の料理人よ。”

と答えているチェルシーちゃん。”双子と一緒にいて疎外感を感じたことはある?”という質問にも、

”一度もないし、どちらかというと私は”献身的な第三の歯車”って感じ。双子のテレパシーとか宇宙に関しての本気の愛情にはついていけないけど、それを除けば一心同体ね。”

とのご回答。本当にファミリーなんだねえ。(しみじみ。)

(そういえば同じく双子+女性の組み合わせのバンド、いるよね。)

 

何はともあれ、末永くお幸せにー!

 

 

AppleのCMに起用されたホステスファミリーたち

 

Appleをよいしょするわけではないけれど、毎回新しいCMが公開になる度、CMが流れたらつい耳がそちらに、目がそちらに行ってしまう素晴らしい楽曲セレクトをするAppleのCM。実はホステス・ファミリーも度々起用されているので、ざっと調べてみました。シェイドの他にこの数年でAppleのCMに起用されたホステスファミリーはこんな感じ。

 

■Snoh Aalegra(スノー・アレグラ)
「Nothing Burns Like the Cold (feat. Vince Staples)」

iPhone XS — イリュージョン — Apple

ドレイクの『More Life』(2017) への参加でも注目を集めたイラン系スウェーデン人の若手注目シンガー/ソングライター、スノー・アレグラ。

音楽好きの皆さまの中には「あれ?なんかこの曲聴いたことあるような…。」という方も多いかと思います。そう、ポーティスヘッドの超名曲「Glory Box」で聴き覚えのあるあれです。大胆にサンプリングしているんです!既視感にも納得でしょ?

Isaac Hayes(アイザック・ヘイズ)「Ike’s Rap II」(1971)

Portishead(ポーティスヘッド)「Glory Box」(1994)

ちなみに余談ですがポーティスヘッドのジェフ・バーロウのサイド・プロジェクト、BEAK>(ビーク)の6年ぶり3rdアルバム『>>> (※通称ビーク3)』が先日発売されたのでそちらも要チェックです。

 

Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)
「Redbone」

iPhone X — Animoji: Alien — Apple

歌うエイリアンが記憶に新しいアニ文字のCM。アメリカ映像界の頂点を選定する「ゴールデングローブ賞」で作品賞と男優賞、2つの賞を受賞したことで話題となり、日本でもNetflixにて配信が始まった”アトランタ”の監督・脚本・主演を務めているその男、ドナルド・グローバーこそがそう、チャイルディッシュ・ガンビーノ。才能の塊とは彼のための表現だよね。本当に。

 

■Noga Erez(ノガ・エレズ)
「Off The Radar」

iPhone X — Opens in the Dark — Apple(2017)

ラップに歌、更にトラック・メイキングも行うマルチなイスラエルの女性シンガーソングライター/プロデューサー、ノガ・エレズ。母国イスラエルに続く不穏な情勢に触発されて生まれる刺激的なサウンドは必聴です。

 

■Polo & Pan(ポロ&パン)
「Nana」

iPhone X — Adapts to Your Face — Apple

パリの人気クラブ「Le Baron(ル・バロン)」でDJを勤めていた、Alexandre GrynszpanとPaul Armand-Delille。2人の出会いから5年を経て完成した初のフルアルバムを今年の7月にリリースしたポロ&パン。アルバム収録の他の楽曲も最高なので是非聴いてみて。グラス・アニマルズ好きな人に是非おすすめしたい。デラックス版にはスーパーオーガニズムによるリミックス曲も収録されています!

 

■Glass Animals(グラス・アニマルズ)
「Gooey」

iPhone 6S / 6S Plus — introduction — Apple

そしてグラス・アニマルズ!今年の夏にはドラマーのJoeがトラック事故に遭い、以降のツアー予定を全てキャンセルするという事態に見舞われました。大手術を受け、2週間ほど動けない/喋れないという状況を経たものの、幸いなことに一命をとりとめバンドや家族の暖かいサポートを受け、見守られながらリハビリを続けているそう。歩くこと、喋ること、読むことをまた学びなおさなければならなかったほど脳にも傷害を受けたんだとか。でも当人は”脳傷害は創造性を大きく増加させる可能性もあるし!”と言って、とても前向きにリハビリを頑張っているみたい。早く完全復帰されることを心から祈っています。祈りながら、またグラス・アニマルズ聴きます。完全復帰したら初来日公演キメてくれることを願って。

 

■HOLYCHILD(ホーリーチャイルド)
「Running Behind」

Apple Watch Reimagined

一度聴いたら忘れられないこのイントロ。LAのエレクトロ・ポップ・デュオ、ホーリーチャイルドも久しぶりの新曲を先日リリースしたばかり。こちらもチェックしてみて。

 

 

AppleのCMですからね、Apple Musicには「そう!それ欲しかった~!」っていうやつ、ちゃんとあります。『Apple広告のあの曲』というAppleの広告で使われた楽曲たちをまとめた便利なプレイリストがあるんです。これでまとめてチェック出来ちゃう。

 

前述したCMソングも全て入った、“洋楽ってよくわからないけど、なんかかっこいい曲聴きたいなぁ。” という人のためのプレイリストもホステスのSpotifyにて公開していますよ!(不定期更新のプレイリストなので気に入った曲は自分のライブラリへの保存を推奨!)

 

CMきっかけで出会った曲から掘り下げていくのもおもしろいよね。

ではではまたね!

 

■リリース情報
アーティスト名:SHAED(シェイド)
タイトル:MELT(メルト)
レーベル:Photo Finish Records LLC / Caroline / Hostess
発売日:絶賛配信中!

<トラックリスト>
01. You Got Me Like
02. Trampoline
03. Melt
04. Wish I
05. Keep Calling
06. Silver Knife
07. Inside a Dream

※配信サービスにて絶賛配信中!
リンク: http://smarturl.it/tvsnqu