【来日直前インタビュー】アフロビートとエレクトロにのせた軽快なフランス語ラップ!コンゴ人ラッパー、バロジにインタビュー!


1996年にベルギーを代表するヒップホップ・グループとして知られるStarflamのメンバーとしてデビューし、現在ではソロとして活動する在ベルギーのコンゴ人ラッパー、バロジ。2007年には、P-FUNK鍵盤奏者/ボーカリストのアンプ・フィドラーやマーク・ムーランが参加した1stソロ・アルバム『Hotel Impala』をEMIベルギーから発表し、ゴールド・ディスクに認定された。ソロ活動の他にもデーモン・アルバーンのアフリカ・エクスプレス・プロジェクトにも参加するなど、幅広い活動を行なっている。これまでにアフリカ音楽とヒップホップやハウス以降のダンス・ミュージックの架け橋となる音世界を提示してきたバロジの初来日公演が新作『137・アヴニュ・カニャマ』の発売前日となる22日に決定した!日本ではまだまだ知られていないバロジにミニ・インタビューを行い、初来日公演についてきいてみた。

●今回が初来日ですね。東京滞在中に観光したい場所ややりたい事などはありますか?

日本に行けることをとても楽しみにしているよ。友人の何人かが、日本の伝統的な相撲を見にいくことを薦めているんだ。それ以外だと、明治神宮、森美術館、新宿御苑、それに観光客が行くような街、たとえば渋谷らへんを歩き回ってみたいな。あとは映画『ロスト・イン・トランスレーション』の撮影場所にも行ってみたいと思っているよ。

●3月22日に行われる公演では、Dragon Ashとしても活躍する日本の人気ダンサーのATSUSHIさんとコラボレーションすると伺いました。この異色のコラボレーション実現のきっかけは何だったのでしょうか?

実はマネージャーが教えてくれて、ATSUSHIの作品をチェックしてみたんだ。
僕はカルティエ現代美術財団の支援のもと、コンゴ人のダンサーと”ダンス”と”音楽”を組み合わせた企画を行った経験もあるから、ATSUSHIとのコラボーレーション企画にしっくりきたんだ。それに、ダンスと音楽の組み合わせは僕が一番好きな事なんだ。それにATSUSHIは人を惹き付けるカリスマ性やダンスに関する深い知識があり、異なるスタイルへの取り組み方をよく理解していると思うんだ。


(バロジとダンサーのJolie Ngemiとのコラボレーション映像)

●次回コラボレーションしてみたいアーティストはいますか?

映画『ムーンライト』の監督のバリー・ジェンキンスと何かしてみたいよ!音楽だと、ケンドリック・ラマー、スケプタ、クリスティーン・アンド・ザ・クイーンズの作品が大好きだらコラボしてみたいな。あとはバンドだとアークティック・モンキーズ、ウータンクラン、ブロックハンプトン、アーケイド・ファイアとか、たくさんいるよ!

 (映画『ムーンライト』サウンドトラック画像)

●今回の来日では22日に晴れたら空に豆まいてにてATSUSHIさんとの公演があり、24日にはアンスティチュ・フランセ東京にて(観覧無料)公演がありますよね。それぞれの公演のハイライトを教えてください。

2つの公演はとても違ったものになるよ。22日の公演はATSUSHIの素晴らしいダンスを取りいれるから、自分の他に2人のミュージシャンだけという最小限のバンドメンバーで公演するよ。24日の公演ではフルバンド揃うから、エネルギー溢れるパフォーマンスになると思うよ。

●3月23日に発売される新作『137・アヴニュ・カニャマ』からの新曲を演奏する予定はありますか?

もちろん!5-6曲披露しようと思っているよ。はじめて新曲を演奏する予定だから、とても興奮しているよ!


(アルバムからの新曲「Soleil de Volt」)

●新作『137・アヴニュ・カニャマ』についてですが、アルバムの制作をはじめた時には既にコンセプトなどは頭にあったのでしょうか?

うん、音の映画を作りたかったんだ。

●最後に、日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

日本にいくのが待ちきれないよ!はじめていくからとても楽しみなんだ。多くの僕の友人が日本人のアーティストと一緒に働いていて、みんな夢中になって取り組んでいるんだ。だから、今度は僕の番さ!

来日公演に向けたビデオコメントも到着。

ヒップホップを中心に様々なジャンルをクロスオーヴァーさせているバロジのエネルギー溢れる初来日公演は必見!

■公演情報

●Tokyo Walker 海外交流コンサート “TANDEM”
公演日:2018年3月22日(木)
会場:晴れたら空に豆まいて
開場:18:30/開演19:30
チケット:前売5,000円/当日5,500円(税込)全席自由 ドリンク代別途600円
※整理番号順のご入場となります。
※3歳以上有料・2歳以下入場無料

チケット発売中!
Peatix : https://atsushi-baloji.peatix.com/
晴れたら空に豆まいて : http://mameromantic.com/

お問合せ:ポッションエッズ
Tel :03-6459-2212(平日11:00〜18:00)

・ATSUSHI
1996年にダンスを始め、様々なクラブ等でのイベントに出演。
2001年にDragon Ashサポートメンバーとなり、2003年にDragon Ash正式加入。
2006年にソロダンサーとしても国内外の各地で活動開始。
今までの様々なステージで得た経験により、ジャンルや枠にとらわれない踊りと体をいかしたダイナミックな踊りを信条とし、今日のダンサーの在り方を変えることを目指していると共に、日本人ダンサーとしての在り方を常に考えながら活動している。
2009年に生命力の素晴らしさ尊さを伝えていくプロジェクト「POWER of LIFE」を発起し、代表として活動している。
http://www.atsushi-takahashi.com/

・バロジ
在ベルギーのコンゴ人ラッパー、バロジ(スワヒリ語で“科学の人”を意味する)。 コンゴ出身ではあるものの、その人生のほとんどを移民先のベルギーで過ごしていることから、彼自身は自らを“アフロピアン”と呼んでいる。2007年、P-FUNK鍵盤奏者/ボーカリストのアンプ・フィドラーやマーク・ムーランが参加した1stソロ・アルバム『Hotel Impala』をEMIベルギーから発表、ゴールド・ディスクに認定される。ソロ活動の他にもデーモン・アルバーンのアフリカ・エクスプレス・プロジェクトにも参加するなど、幅広い活動を行なっている。2018年3月23日、待望のニュー・アルバム『137・アヴニュ・カニャマ』をリリースする。22日、24日は初の来日公演を実施する。

●フランコフォニーのお祭り2018
公演日:2018年3月24日(土)
会場:アンスティチュ・フランセ東京
(〒 162-0826 東京都新宿区市谷船河原町 15)
イベント開催時間:10:00-22:00 (バロジ出演予定時間:16:30 – 17:30 )
入場:無料

フランコフォニーのお祭り2018

■アルバム情報
アーティスト名:Baloji(バロジ)
タイトル: 137 AVENUE KANIAMA (137・アヴニュ・カニャマ)
発売日:2018/3/23(金)
レーベル:Bella Union / Hostess
価格:2400円+税
※初回仕様限定:ボーナストラックダウンロード・コード封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ(吉本秀純) 

[トラックリスト]
1.Glossine (Zombie)  ツェツェバエ 
2.L’hiver indien – Ghetto Mirador  インドの冬 – ゲットーの望楼
3.Bipolaire – Les Noirs バイポーラ – 黒
4.Ensemble (Wesh) 共に(ウェッシュ)
5.Spotlight スポットライト
6.Soleil de Volt ボルトの太陽
7.Ciel d’encre インクの空
8.Peau de Chagrin – Bleu de nuit 悲しみの肌 – 夜の青さ
9.L’art de la fugue – Le vide 失踪芸術 – 空虚
10.Passat & Bovary パサとボヴァリ
11.La dernière pluie – Inconnu à cette adresse 最後の雨 – 住所不明
12.Kongaulois コンゴ人
13.Tropisme – Start-up 屈性 – 立ち上げ
14.Tanganyika タンガニーカ

日本盤ダウンロード・ボーナストラック
1. Nowhere – 実在しない場所

※新曲「Soleil de Volt」配信中&アルバム予約受付中!
リンク:http://smarturl.it/lr99h7