【圧倒的情報量の多さ】BEST of DC 2017~MAGNIPHアーティスト勢ぞろい編~


みんな、また会ったね!いよいよDCオフィスの最終営業日まで残すところあと2日となり一人、また一人とスタッフたちが休暇へ旅だっている今日この頃。まだ提出してない人ははやく提出してちょうだい!!!

見事に年末の予定がなにもないあたくしは朝からお菓子を片手に今年をしっとりと振り返りつつせっせこ年間ベストを更新しています。余談ですが来年は朝から平気でお菓子食べるのやめたい。

さて、昨日のDCオフィスニューフェイス編に続き本日はなんとMAGNIPH所属アーティストたちがBEST of DC2017に参戦。アーティストが聴いてる音楽って気になるよね。あと一緒のアルバムとか聞いてると一気に親近感わいて嬉しいよね。ということで早速どうぞ。

(今日も太字がHostessファミリーからの選出)

まずは今年は初のベスト盤『Before Today』をリリース、様々なコンセプトのライブを敢行するなど日々あたくしたちをうっとりさせてくれたTHE NOVEMBERSからYusuke Kobayashi!

————————————————————————————————
Yusuke Kobayashi’s BEST of 2017
————————————————————————————————
以下順不同
The Horrors「V」
 King Krule「The OOZ」
 Charlotte Gainsbourg「Rest」
 Yaeji「EP2」
 Cornelius「Mellow Waves」
 Okada Takuro「ノスタルジア」
 Beck「Colors」
 Kamasi Washington「Harmony of Difference EP」
 Mount Kimbie「Love What Survives」
 Nine Inch Nails「Add Violence EP」
※コンピですが
BADBADNOTGOOD「Late Night Tales」
Yusuke Kobayashi (THE NOVEMBERS)
お次は祝ニュー・アルバム『Find Hell』リリース!なJoy Oppositesからみんな大好きアダムスキーことAdam!
————————————————————————————————
Adam’s BEST of 2017
————————————————————————————————
1. Phoebe Bridgers – Stranger In The Alps
2. Pallbearer – Heartless
3. Power Trip – Nightmare Logic
4. Full Of Hell – Trumpeting Ecstasy
5. Paramore – After Laughter
6. Storm Of Void – War Inside You
7. Code Orange – Forever
8. Cloakroom – Time Well
9. Elder – Reflections Of A Floating World
10. Dead Cross – Dead Cross
そしてMAGNIPHヤング勢Cairophenomenonsからはなんと3名がジョイン!フレッシュな彼らの来年の目覚ましい活躍に期待。

————————————————————————————————
Cairophenomenons’ BEST of 2017
————————————————————————————————

Rinkai Maeno (Ba.)

2017年、印象に残った曲10選
Alvvays – In UnderTow
Real Estate – Darling
Ariel Pink – Feel Likes Heaven
MGMT – When You Die
Japanese Breakfast – Rord Head
Mount Kimble – Blue Train Lines ft. King Krule
King Krule – Dum Surfer
Superorganism-Something For Your M.I.N.D
The XX-On Hold
Thundercat-Lava Lamp

~コメント~
2017年のCairophenomenonsは、Cue-EPリリースから始まりました。
ご購入頂いた皆さんはもちろん、ライブでお会いした皆様、楽曲を聞いて頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
来年度もCairophenomenonsをよろしくお願いします!

Mizuki Sekiguchi(Dr.)

2017年、印象に残った曲10選(リリース年問わず)
Andy Shauf – Quite Like You
Berry – Si C’Est La Vie
Courtney Barnett and Kurt Vile – Over Everything
Ducktails – Light Candle
Homeshake – Call Me Up
MGMT – When You Die
Mild High Club – Note to Self
Rhye – Summer Days
Slowdive – Star Roving
Sunset Rollercoaster – My Jinji

~コメント~
自分にとっての”Good Musicとは何か”を探求することができた一年だったように思います。
2018年は、もっと色々なところでライブがしたいですね。来年も日々精進!

Shonosuke Nakamura(Gt.&Vo.)

2017年、印象に残ったアルバム10選
①Love What Servives/Mount Kimbie
②Widly Idle/Hand Habits
③ノスタルジア/Okada Takuro
④The Ooz/King Krule
⑤A Deeper (Inderstanding)/The War On Drugs
⑥Bad Posture/John Andrews & Yawns
⑦Half-Light/Rostam
⑧Flower Boy/Tyler The Creater
⑨Rainted Ruins/Grizzly Bear
⑩Sorcerer/Tonstartssbandht

~コメント~
今年は、フォークと、クラウト感溢れるものばかり聴いていました。

そして最後はDCオフィスの女子全員がその美髪の秘訣を聞きたがっている黒髪番長Taigen from BO NINGEN!なんともらしい独自のBEST ofを提出していただきました。

————————————————————————————————
Taigen’s BEST of 2017
————————————————————————————————

おはようございます、BO NINGENのTaigenです。

締め切りを9時間過ぎた現在、名古屋は栄、ウェルビーというサウナ施設からこちらのblogを書かせて頂いております。

[2017 Best EP]

私、今年の半ばに音楽的インプットを増やさなければいけない時期だと思い立ちましてApple Musicに入信。全体的な情報量は増えたものの、アルバム/EP単位ではなく曲単位で曲を聴くことがさらに加速する運びとなりました。

後はあれですね、僕達BO NINGENもレギュラーを持たせて頂いてるNTS radioの影響で、アルバムというアーティストの意思から乖離して他の具材とミックスされた状態で出会った楽曲も多かったのも影響してるかもです。そんな2017年に僕が選ぶアルバム。。。ではなくEPなのですが、あべともなりさんの大地讃頌になります。フィジカルコピーはZine(強烈な彼((と猫))の写真と歌詞入り)付きなので、Apple Musicにもありますがやはりフィジカルコピーをオススメします。僕は歌詞を書かないで即興したものを書き出したりライブで歌詞を変えたりと、歌詞を録音ブツに落とし込む時に苦労するタイプなので、彼の”書いたら一発OK、即採用スタイル”は希望の光でした。あと、ナンセンスなのにメイクセンス、全部パンチラインなんじゃないか?というこの感じは高校生の時に聴いたヌンチャク以来ですね。長くなっちゃいましたが、とにかくチェックしてみて下さい。

https://m.youtube.com/watch?v=r-V7X9zBo4w

[2017 Best Sauna]

父親が昔ムーミンの仕事をやっていた関係で、18か19の時にフィンランドのホテルで初めて入ったサウナ(勿論ロウリュ付き)。その時はよく分からなくてとにかく熱い!人様の前で局部を隠さないなんて恥ずかしい!といった感じでまったく理解できなかったのですが、10年後に食品まつりの影響で見事にサウナにハマることきなります(ちなみにこの時のフィンランド滞在で、灰野敬二さんとMerzbowの存在も知ることになります。ありがとうフィンランド)。独自の水風呂カルチャー付きの日本のサウナは勿論、日本滞在中しか行けないので、所謂まだまだニワカなのですが、そのような時期って一番周りに伝えたくなりますよね?2011年頃、ももクロの影響でアイドルを好きになった時もそうでした。音源とPVで思いを馳せる在宅派で現場は日本帰れないといけないのも自分の中でサウナ=アイドル、さらに遡ればプロレス。。。

はい、脱線しかけたところにて今年のベストサウナ発表ですが、今現在いる名古屋栄、ウェルビーです。クリスマスイブのライブ後、相方の食品まつり(今横のリクライニングチェアで寝てます)に連れられて名古屋といえばウェルビーだと。サウナと水風呂の温度による整い方の違いは体調もありますし、僕のようなビギナーにはまだまだレビューするには早い。何よりベストだったのはフィンランドへのリスペクトでしょうか。サウナハット借りれたり、セルフロウリュしまくれたり、休憩ゾーンに白樺が貼り付けてあるのも文化祭的な趣があって素敵だなと。

サウナに関してのベストエクストリーム体験は、西麻布にあるアダム&イブなんですが、そちらはタワレコオンラインのほうに書き綴ったのでそちらを参照。海外のミュージシャンのドラッグとか草とかの話をカッコいいと思う前に、日本にいるならサウナに行ってみて下さい。そっちのほうがサプリメントの種類によって効果が似てきちゃう=制作物も似てくる。なんてこともなくなると思いますし、自己探求に向いてると思います。なにより精神的に良い方向に向くんじゃないでしょうか。合法ですしね。かくいう私もサウナでエモい精神状態を昇華すべく心の汗と共に一年のカルマを呂布すべく…(以下略

http://www.wellbe.co.jp/sakae/

他にも書きたいランキングはいっぱいあるんですけど、今は多分本音しか書けないのでここら辺にしておきます。別になんでもよいので、ベスト○●2017はなんですか?とい質問はライブ会場ででも聞いてみて下さい。誠心誠意お答え出来るように努めますので。それでは皆さんメリークリスマス。そして良いお年を。

来年はBO NINGEN勝負の年なので、見守っていて下さいね。

Taigen Kawabe(BO NINGEN)