ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ アリス概論


 

2008年のデビュー時分より何故か日本人にも刺さるサウンドを送り出してくるザ・ラスト・シャドウ・パペッツ。

彼らはUK出身のアークティック・モンキーズのフロントマン、アレックス・ターナーとマイルズ・ケインによるデュオ。

異国出身の彼らが何故こんなにも我々のハートをがっちりとワシ掴みにするのか、先日の来日ライヴ観覧中にふと考えてみた。

 

するとどうだろう、まるで日本が誇るアリスに聴こえてくるではないか。

彼らはスコット・ウォーカーや70’s、80’sに憧れつつ、それをコンセプトにして作品を発表してきたが、実はアリスが好きなんじゃないのか?YouTubeを夜な夜なチェックしていたんじゃないのか?そんな気さえしてしまう。

どちらが谷村氏、堀内氏かは皆さんの想像にお任せするとして。

 

X