【DC的検証】4月10日開催Hostess Club Presents Sunday Special、実はこんなにお得だった【お金の話】


みなさん、こんばんはどうも。
中目黒はいよいよお花見シーズン到来!ということで人足が増えて来ていますが、例のごとく花粉症に猛威を振られているわたくし的には一向に心が躍りません…がなじい。
ですが、もうすぐそこまで足音が聞こえてきてるものがもう一つ。そう4月10日開催のHostess Club Presents Sunday Specialであります。

名称未設定-2
Hostess Club史上初となる東京ドームシティホールを会場に行われる今回、トラヴィスやベン・ワット(とバーナード・バトラー)、そして初来日となるジョン・グラントとラプスリーというツボを押さえまくったラインナップに胸の高鳴りが抑えきれていない人も多いはず。しかしながら「えー、フェスでしょー?単独見に行った方が楽だし好きなのだけ見れていいジャン。」という方も多い昨今の現状を踏まえて、数字としてどれくらい今回のイベントがお得なのかを見てみようというのが今日のお題です。そうです、要するにお金の話です

money-stacks

さて、まずは基本知識としてHostess Club Presents Sunday Specialのチケットプライスから。はい、どん。
スタンディング:¥8,500(税込 / 1ドリンク別途)
指定席:¥9,500(税込 / 1ドリンク別途)

今回はゆったり過ごしたいあなたの為に、椅子席を多くご用意。ちょっと奮発して指定席とっちゃお、というあなたでも単純計算にして¥2,375で1アーティストが見られることになります。

では各アーティストごとに気になるお値段をチェック。

トラヴィス@2014年 EXシアター六本木+難波ハッチ ¥8,000
ベン・ワット@2014年 梅田&渋谷クアトロ+原宿アストロホール ¥7,000

初来日組はひとまず海外公演を参考に…
ジョン・グラント@2016年6月 ロイヤルアルバートホール £49.99(¥5,672)
ラプスリー@2016年10月 シェパーズブッシュエンパイア £18.05(¥2,888)

8,000+7,000+5,672+2,888= ¥23,560 

それがSunday Specialなら、なんとまとめて8,500円(ないし9,500円)!

と、どこかの通販番組風になってしまいましたが、こんなにお得な話はなかなかありません。(社長頑張った~~~)

しかも、先日発表されたタイムテーブルをご覧いただけばわかるように各アーティスト単独公演かと見まごうほどのセット時間。

timetable
ヘッドライナーのトラヴィスにいたってはなんと90分間というロングセットを披露してくれるっていうんだから、これだけで余裕でおつりがきちゃいます。
トラヴィスの終演時刻は19時20分を予定しているので、(きたつもりの)おつりでそのまま夜の水道橋に一杯ひっかけに行くのも可!
その辺はQETICさんがおすすめを紹介してくれているのでこちらの記事をチェックしてみてください。

とはいえ、お金なんてのは目に見えるだけの価値さッとでも言いたくなるほど充実した一日を過ごせそうなSunday Special。開催日が迫ってきていますので、チケットをまだ確保していない方は早めのチェックを!

■公演情報
タイトル:Hostess Club Presents Sunday Special
出演:Travis / Ben Watt Band feat. Bernard Butler / John Grant / Lapsley
日時/会場:2016/4/10(日)Tokyo Dome City Hall
Open/Start:12:00/13:00
チケット:¥8,500 (ドリンク代別途 / スタンディング)
¥9,500 (ドリンク代別途 / 指定席)
一般プレイガイド発売中!
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669
公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201604hcss/
主催:Hostess Entertainment / Creativeman
制作・招聘:Creativeman
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。