BEST of DC 2015~これで最後!提出日ギリギリにはヤングが多めの回~


snowkinkakuji

さぁ、いよいよ2015年もあと3日となりました!DCオフィスも本日が仕事納め。有給を使ってちょっと早めに年末年始のお休みに入っている方もいるのではないでしょうか?今日久しぶりに電車に乗ったら、なんとなく人も少なめだったような・・・。しかし!お母さん業はもちろん24時間営業。数日前から下痢になってしまった我が子のおしめを変えまくる今日この頃。本日もおしめを変えながらDCをアップしますよ!

さて、今年最後の年間ベストアップ。今回提出日ギリギリにやってきたのはヤング達!おい、ヤングならもっと早く上げれるよう頑張れや!・・・とお母さんは思ってしまいましたが、提出しただけでも良しとしましょう。ということで、頼れるヤングの姉御KND、ニューカマーインターンSetomori-ssey、そしてなんとレビューつき!というぶったまげのおしゃれまめ子Rakkoの4名分を発表!お疲れ様でした~!!

 


————————————————————————————————
KND’s BEST of 2015
————————————————————————————————

Deerhunter-Fading-Frontier640

Best Album:
Deerhunter – Fading Frontier
Kendrick Lamar – To Pimp A Butterfly
Alex G – Beach Music
Laura Marling – Short Movie
Kurt Vile – b’lieve i’m goin down…
Fidlar – Too
Death Cab for Cutie – Kintsugi
LA Priest – Inji
The Districts – A Flourish and a Spoil
Parkay Quarts – Content Nausea (厳密には昨年末だけど枠)

Best Live:
Noel Gallagher @ Zepp名古屋
Mac Demarco @ 代官山Unit
Melvins @ 11月Hostess Club Weekender
Chet Faker @ 渋谷Club Quattro

マイブーム2015:
池波正太郎「銀座日記」
Mad Max
007 (ていうかスパイ映画)
Funny Vine

なんとなくエレクトロ志向だった去年とは打って変わっていかに自分がジャカジャカしている音楽が好きかを実感した一年でした。
公私ともにライヴを見まくり、特にギャラガー兄(2回)、Paul Weller、RideとUKのおじさまたちを嬉々として見に行ってはロマンを感じていたのでさらに年齢詐称が囁かれることに。あとは今年Fat White Familyが遂にHostess Family入り!ということで来年はぜひとも日本に呼びたい!!!頼むぜ社長〜〜〜

————————————————————————————————
Seto’s BEST of 2015
————————————————————————————————

ytcd122

Best Album:
Jamie xx – In Colour
Tame Impala – Currents
Courtney Barnett – Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit
Grimes – Art Angels
The Libertines – Anthems For Doomed Youth
Wilco – Star Wars
Kendrick Lamar – To Pimp A Butterfly
Alabama Shakes – Sound & Color
The Weeknd – Beauty Behind the Madness
Four tet – Morning / Evening
Bjork – Vulnicura

インターンとして働かせて頂き、様々な音楽に触れることができました。来年初めの来日ラッシュも楽しみでなりません。
個人的にはJSportsと契約し、サッカーをよく見た一年でした。今年は去年ほど衝撃的な試合が少ない気がしましたが、ボルシアMGがバイエルンに圧勝した12月5日のゲームはかなり印象的でした(その後、BMGは調子悪いですが…)。

————————————————————————————————
Rakko’s BEST of 2015
————————————————————————————————

2015年も豊作な1年でした。有難かったです。今年は作業BGMとして映画のサントラとかをよく聞いていたような気がします。ベスト10、いろいろ考えたんですが、ADELEはもちろんのことJamie XXSufjan StevensMEWAlex Gなど既に皆様が挙げているものばかりになってしまっておもしろくないので、多くの人が見落としがちな配信限定でリリースしたシングル/EPをメインに選んでみました。(ホステス縛り/全て順不同)

Marcus Marr & Chet Faker “Work EP”

Rakko1

みんな大好きチェット・フェイカーと気鋭のプロデューサー/DJのマーカス・マーがコラボした作品。この声、このリズム、たまりません。

Fránçois & The Atlas Mountains ”L’homme Tranquille” EP

Rakko2

フランソワ・アンド・ザ・アトラス・マウンテンズの最新作。このEPの1曲目の「Ayan Filé」をClap! Clap!がリミックスしたシングルもめっちゃ良いです。

Fránçois & The Atlas Mountains “Ayan Filé (Clap! Clap! Remix)” Single

Rakko3

異国間溢れるリズムとちょっと不安になる感じがたまんないです。

Melt Yourself Down “Dot To Dot (DJ Khalab remix)” Single

Rakko4

メルト・ユアセルフ・ダウンの最新シングルのDJ Khalabリミックス。

SG Lewis “Shivers” EP (※フィジカルも12”で出てます。)

Rakko5

ディスクロージャーや先日HCWで来日を果たしたドーニクなどを輩出した気鋭のレーベル<PMR>からの新人。今年2月にリリースしたシングルが大反響を呼ぶ中リリースしたデビューEP。とりあえず聴いてみて。

■SG Lewis “Warm” Single

Rakko6

先述のシングルはこちら。どこかで聴いたことがある人も多いはず。世界各国でかなりShazamされているという情報も寄せられています。

Glass Animals and Joey Bada$$ “Lose Control” Single

Rakko7

『ZABA』は当時の年間ベストにも入れた気がするグラス・アニマルズとブルックリンの新鋭ラッパー、ジョーイ・バッドアスのコラボ作品。

Rukhsana Merrise “September Songs” EP

Rakko8

西ロンドン出身のSSW、ラクシャナ・メリスのデビューEP。ソングライティング、レコーディング、プロデュース、全てを自身で行ったというんだから凄い。いい声。

Archy Marshall ”A New Place 2 Drown”

Rakko9

みんな大好き(2度目)キング・クルエルことアーチー・マーシャルが彼のデビュー作のアートワークも手掛けているお兄ちゃん=ジャック・マーシャルと共同制作したアートブックのサントラとしてリリースした作品。キング・クルエルとはまた違った、でも変わらずセクシーな歌声で魅せてくれる逸品。アートブックも見たいけど、音源だけでも是非。

<番外編 ~見落としがちVarious Artistsもの~>

Various Artists  “Winter”

Festival

この曲数、このラインナップで1500円はお買い得過ぎだな~と我ながら思います。

ライヴのハイライトは間違いなく3月のBasement Jaxx@豊洲pitでした。それでは皆様良いお年を!

————————————————————————————————
mori-ssey’s BEST of 2015
————————————————————————————————

511Lt1IJgHL

Best Album:
Alabama Shakes “Sound&Color”
Kurt Vile “B’lieve i’m goin down…”
Mac Demarco “Another One”
Alberta Cross “Alberta Cross”
Twin Peaks “Mind Frames” (”Wild Onion”)→(HCWにてジャケに一目惚れ。)
Sheer Mag “II”

(こちらの巨大な女性からも目が離せません。ブリちゃんよりも大きい・・・?)
エレファントカシマシ “RAINBOW”
Helsinki Lambda Club “olutta”
でんぱ組.inc “WWDD”
never young beach “YASHINOKI HOUSE”
本日休演 “けむをまけ”

個人的Best Reissueは驚異の映像だった『The Beatles “1+”』!
……と思っていたらDC見ていてVan Morrisonのリマスターが出ていたことを知る。買わねば!と、今年も超マイペースに聞いてきたので、来年はインターンとしても新譜に敏感でありたい。。。
新譜を聴く楽しさが増した一年でした。