ONE MINUTE LEFT ~ HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER編 ~


HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERが終わったのと同時にめっきり寒くなってしまったここ中目黒。

あんなに暑かったのがいきなりなくなるとなんだか寂しい物ですね、、、ということで残暑さん、是非ともお待ちしております!

さて、今回のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERはいつものWeekenderシリーズとは違い、あのSummer Sonicで、そして初の深夜に開催ということでなんだかドキドキしてしまった人もいるはず。

アリ○ナ・グランデやファ○ルといった世界のポップスターが数多く出演するあのSummer Sonicにおいて、一人参加でも大丈夫なあのゆるい空気、そしてまさにインディーなあのDIY感(いい意味で)は死守されているのか、なによりどちらかというとナードである私たち(スタッフを含め)には深夜の2ステージを戦い抜く体力があるのだろうか

・・・

蓋を開けてみればそこにはいつもと変わらぬアットホームな雰囲気。(ただ、Weekenderではお目にかかったことのないようなセクシーなお姉さんたちがお酒を作ってくれるボーナス付き。)

バーエリアの上やRainbowステージ脇などに設置されたスクリーンにはHostessリリースの新譜やおすすめ作品のミュージック・ビデオが流され、ライブの合間も音楽に没頭してもらうHostess Club流おもてなし。ここで気になるアーティストを見つけた方も多いのでは?

更にマイペースなホステスファミリーは舞台裏で誕生日パーティー(ジョン・ホプキンス:8月15日 / FFS ボブ:8月16日 / FFSロン:8月12日)まで敢行。実はジョン・ホプキンスとボブは当日が誕生日というまさに記念すべき夜だったのです。

image1

FFSのボブとロンはお揃いのショートケーキでお祝い。バンドメンバー全員揃ってHappy Birthdayを大合唱(しっかり2回)したのでした。

image2

ジョン・ホプキンスと苺タルトの組み合わせ。36歳になったばかりとは思えぬキュートさを発揮してくれています。

そしてお誕生日会が和気藹々と行われるなか、今回もあの恐れ知らずの企画が行われていたのです・・・そうOne Minute Leftがね。

ALL-NIGHTERからHostess Clubシリーズに入門した方もいると思うのでここでささっと解説。

One Minute Leftとは、簡単にいえばHostess Club Weekenderの出演アーティストにビデオカメラを持って突撃し、「1分間でなんかやって!」と究極の無茶ぶりをする恒例企画。ここまで聞いてピンときた方もいるはず、そう別名“米有名音楽批評サイトのアイデアお借りします”企画なのであります。

過去にはあのセイント・ヴィンセント嬢に本番前にも関わらず指パッチンの回数を競わせたり、ひねりもなくテンプルズに習字で「寺」を書かせたりと今考えればわりとハチャメチャなことをしてきたものの、協力してくれたアーティストは嫌な顔ひとつせずに、むしろ乗り気できてくれるHostessファミリーの徳の高さ。

2月開催Hostess Club WeekenderでのOne Minute Leftの様子は以下からどうぞ:

念の為、個人的にお気に入りのパフューム・ジーニアスことマイクくんがバンドメンバーを次々をなぎ倒していった2014年6月の腕相撲対決も貼っておきますね。

もっと見たいという方はここDCの検索スペースでOne Minute Leftと入れてみましょう。

そして今回そんなOne Minute Leftに参加してくれたのはヴァンパイア・ウィークエンドのベーシストであるクリス・バイオくんのソロ・プロジェクト、バイオとまさに奇才と呼ぶにふさわしいステージを見せてくれたハーバートの2組。

いつもに比べると参加率が低いような気もしますが夜中なので致し方ありません。今回不参加の方は次回来日時にお待ちしております!

それではまずバイオから。実はこの日喉の不調でほとんど喋ることのできなかった彼が私たちに提案してきたもの、それはGinuwineの「Pony」にあわせて1分間カメラを見つめ続ける。この時点で想像の斜め上を余裕で超越。瞬きをしない、というチャレンジでもあるのかなと思っていたら瞬きはしているし、とにかくシュールすぎるアイデアはなんとなくヴァンパイア・ウィークエンドのひねくれ感を思い起こさせます。

そして一方のハーバートはバンドメンバーのアデレエ・オモタヨさん(エイミー・ワインハウスのバックボーカルを務めていたそう)によるボクシング講座に挑戦。その姿はさながらロッキーですが、なんとなく動きをうまいこと呑み込めないハーバート。

いかがでした?

今後アーティストにこんなことしてほしい!なんてリクエストがあったら気軽にtwitter(@hostessofficial)でも教えてください。

意外と採用されちゃうかも?

ではまたお目にかかる日まで~~~

※今後の公演情報はこちらでチェック。Hostess Club オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/