【アルバム発売!】最強ガールズバンド・ピンズと注目のロック兄弟ドレンジがお互いを語る!


こんにちは! 7月になっていよいよ本格的に夏が始まりますね!

夕方はまだまだ肌寒い日があったりしますが、音楽を聴いて、夏フェスまで気分を高めていきましょう!!!

 

UKマンチェスターの男前女子4人組ピンズが、セカンド・アルバム『ワイルド・ナイツ』で本日7月1日(水)待望の日本デビュー!!

PINS-/-Wild-Nights-(a-sya)(HSE-39959)_low

 

「可愛い!」よりも「かっこいい…」と言いたくなる見た目の彼女たちですが、音楽性もかなり男前でかっこいいのであります。

 

この「Too Little Too Late」は本国UKにてアルバムの先行シングルとしてリリースされた曲ですが、サンローランに身を包んで、キラキラなグリッターとパウダーを浴びながら、中指立てちゃったり、叫んじゃったりしているこのミュージックビデオが彼女らのデビューアルバムそのものを表しているといっても過言ではありません!!

 

4月には、あのドレンジ兄さんたちのUKツアーのサポートを行なった彼女たち。ということで今回はドレンジにピンズについて、ピンズにドレンジについてインタビューしちゃいました!

 


 

jacksonxjoshua2

 

 

 

 

 

 ピンズ→ドレンジ

 

ドレンジとのツアーはどうだった?
「ワイルド!」(フェイス)
「ほとんどの時間、ステージ前でダンスしながらクラッカーを鳴らしたり、クラウド・サーフしたりしてたわ」(ロイス)

 

お互いの事は以前から知っていたの? もし初対面だったとしたら第一印象を教えて。
「ずいぶん前に“Liverpool Sound City”で一緒になったほか、昨年はニューヨークの“CMJ”で再会したわ。その頃はまだロブがバンドに加わっていなかったから、オーエンとロリーだけだったの。初めは氷の女王のような人間かと思ったけど、その氷はすぐに溶けたわ。今2人を表すとしたら、“スウィートでインテリジェント”かな」(フェイス)

 

おそらく私たちが知らないであろうドレンジの一面とは?
「オーエンはライヴの前の儀式として“ビタココ”(ココナッツ・オイル)を使うのよ」(ロイス)

 

ツアーで特に印象に残った思い出は?
セージ・ゲーツヘッド公演での楽屋で、ソフィーがピアノでオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を弾き、他のメンバーが大声で大合唱する中、ロブとキョウコ(ピンズのサポート・メンバー)をショッピング・カートに乗せて走り回ったことかな」(フェイス)

 

彼らのアルバム『アンダートウ』はもう聴いた?
「うん! ツアーが始まる少し前にリリースされて、BBC 6 Music(ラジオ)が“We Can Do What We Want”をかけまくってた! でも私のお気に入り曲はファースト・アルバムからの“Fuckabout”なんだけどね」(フェイス)


 

日本のオーディエンスにドレンジを売り込むとしたら、彼らのアピール・ポイントは何?
「今となっては2ピースとは呼べなくなっちゃったわね…」(フェイス)
「ライヴでは観客がクレイジーになって、そこらじゅうに腕や足や体が飛び交うわよ。そういうのが好きな人にはオススメね」(ロイス)

 

ドレンジにカヴァーして欲しい曲は?
「マドンナの“Like A Virgin”。ロンドン公演の後にマネジャーのために偽の独身お別れパーティを開いて、なぜかそこでロリーにストリッパー役になってもらおうってなって、私たちがこのマドンナの名曲を歌ったの。もちろん彼は受け入れてはくれなかったけどね」(フェイス)

 

今だからドレンジに伝えられることは?
「あの時はごめんねロリー!」(フェイス)

 

日本のファンへのメッセージ
「あなた達に会うのが待ち遠しいわ<3」(フェイス)

 

[回答者: フェイス・ヴァーン(singer/guitarist) & ロイス・マクドナルド (guitarist)]

 


 

 

Drenge / Undertow (a-sya)(HSE-30350)

 

 

 

 

 

 ドレンジピンズ

 

ピンズとのツアーはどうだった?
「彼女たちと一緒に過ごした1週間半はあっという間に過ぎていったけど、とても楽しい時間だったよ」

 

お互いの事は以前から知っていたの? もし初対面だったとしたら第一印象を教えて。
「以前にも何度か会ってプレイしたことはあったんだ。初めはリヴァプールで、その次はニューヨークでね。僕は彼女たちが“Shoot You”のカセットを発表したころからのファンなんだ」

 

おそらく私たちが知らないであろうピンズの一面とは?
「彼女たちは時々手の甲にセットリストを書いてあるんだけど、ショーが終わる頃にはインクが滲んでほとんど読めない状態になってしまう」

 

ツアーで特に印象に残った思い出は?
「リヴァプール公演で僕らが“Fuckabout”を演奏した祭に、でっかい紙吹雪を散らしてくれたのはとてもクールだったな」

 

彼女たちのアルバム『ワイルド・ナイツ』はもう聴いた?
「まだアルバムは聴けていないんだけど、彼女たちがマンチェスターでスリーター・キニーのサポートをしていた時に、新曲はいくつか聴いたよ。前作とはだいぶ変わっていたけど、でもアグレッシヴで生々しかった。よりポップでサイケデリックな感じだね」

 

日本のオーディエンスにピンズを売り込むとしたら、彼女たちのアピール・ポイントは何?
「キャッチーな曲を歌う、ラウドで奇抜で最高のガール・ロック・バンドさ。それからすごくマンチェスター人特有のアイデンティティを持ち合わせている」

 

ピンズとツアーもしくはコラボレーションして欲しいアーティストは?
「フロントウーマンのフェイスはBrown Brogues のメンバーのマークと結婚していて、その2組でスーパー・グループを結成しているんだ。音源を聴いたことはないけど、どちらのバンドも素晴らしいし、あんな大人数が一緒にひとつのことをやっているんだからかなりラウドに違いない」

 

ピンズにカヴァーして欲しい曲は?
「クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの“Make It Wit Chu”。荒々しくてカッコ良い仕上がりになると思うな。彼女たちの新曲も同じようなヴァイブを持っているから、この曲はピッタリに違いない」

 

今だからピンズに伝えられることは?
「体に気をつけて、この夏のショーを楽しんで。また近々会おう!」

 

日本のファンへのメッセージ
「やっと日本でプレイできることが待ち遠しいよ。前回の来日のキャンセルが決まったときはかなりショックだったから、ついに来日が実現できることに興奮している。フジロックで会おう!」

(回答者: オーエン・ラヴレス)


1週間半のツアーの間にすっかり仲良くなった様子の2組! 本日発売のピンズのニュー・アルバム『ワイルド・ナイツ』も、すでに発売中のドレンジの『アンダートウ』も、要チェックです!

ドレンジはフジロックに出演予定なのでお見逃しなく!!!

 

 

■リリース情報

PINS-/-Wild-Nights-(jake-sya)(HSE-39959)_low

  アーティスト名:PINS(ピンズ)
  タイトル:Wild Nights (ワイルドナイツ)
  レーベル:Bella Union / Hostess
  発売日:発売中!
  価格:2,100円 + 税
  ※初回仕様限定盤のみボーナストラック8曲ダウンロードコード付ステッカー封入 (フォーマット: mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ付 

iTunes はこちらから!→https://itunes.apple.com/us/album/wild-nights/id969888894

<トラックリスト>

1.Baby Bhangs
2.Young Girls
3.Curse These Dreams
4.Oh Lord
5.Dazed By You
6.Got It Bad
7.Too Little Too Late
8.House of Love
9.If Only
10.Molly
11.Everyone Says

ボーナストラック・ダウンロード(フォーマット:mp3)
1. Oh Lord (Demo)
2. House of Love (Demo)
3. Too Little Too Late (Demo)
4. Hybrid Moments (Misfits Cover – Part Time Punks Session)
5. Move Me (Part Time Punks Session)
6. Got It Bad (Demo)
7. He Cried (Covers Outtake)
8. Everyone Says (Demo)

Drenge / Undertow (jake-sya)(HSE-30350)  アーティスト名:Drenge (ドレンジ)
  タイトル:Undertow (アンダートウ)
  レーベル:Infectious / Hostess
  発売日:発売中!
  価格:2,100円 + 税
  ※日本盤詳細:メンバーによる作品解説 / ライナーノーツ、歌詞対訳 

iTunes はこちらから!→ https://itunes.apple.com/us/album/undertow/id960083823

<トラックリスト>

1.Introduction
2.Running Wild
3.Never Awake
4.We Can Do What We Want
5.Favourite Son
6.The Snake
7.Side By Side
8.The Woods
9.Undertow
10.Standing In The Cold
11.Have You Forgotten My Name?

 

■来日公演情報

タイトル:FUJI ROCK FESTIVAL`15
日程:
2015年7月24日(金)・25日(土)・26日(日)
※ドレンジは7月24日(金)のRED MARQUEEに出演します
9:00 開場 / 11:00 開演 / 23:00 終演予定
場所: 新潟県 湯沢町 苗場スキー場
オフィシャルサイト:http://www.fujirockfestival.com
チケット:
【入場券】1日券¥16,800 / 3日通し券¥39,800
【キャンプサイト券】¥3,000(1名様/開催期間中有効)
【駐車券】(2名より受付)¥3,000(1日/1台)
【ムーンキャラバンチケット】
4輪チケット・2輪チケット:専用駐車券+専用キャンプサイト券+3日通し入場券