【日本がきてる?!】ここ最近のリリース事情【Hostess限定】


最近海外アーティストの作品に「日本」や「日本語」をよく使われているような気がします・・
えっ、本当??

ということで今回は日本をテーマに、作品の中に日本語が入ってたり、日本に関係する言葉が歌われている作品をご紹介したいと思います!!

ロンドンのシューゲイザー/オルタナティヴバンド、チーターズ
彼らの2015年リリースのEP 『紫』

むらさき??
ベーシストのDcan Reidが日系アメリカ人ということもあり、紫式部にインスピレーションを受けたというなんとも斬新な作品。

cheathas

ジャケットも紫と紫色の文字でかかれ、紫式部が『源氏物語』の中で『竹取物語』のことを「物語の出て来はじめの祖」と述べているように関連性があり、ジャケットの緑も竹っぽい・・・とまあいろいろ想像するのですが詳細は謎のまま。。

お次は3月の来日公演も大盛況だったベースメント・ジャックス
彼らは全てにおいてユーモアがある!

こちらの「Never Say Never」のMV、日本語の語りが入ったり、日本語で季節が表示されたり・・・とかなりシュール。
このMV、Twerkをロボットで再現しようという設定らしい。
優れたロボット技術と風営法によるクラブでのダンス禁止をテーマにしたのか、全編にわたり日本語で構成されているので必見です!

しかし、、、

ネット上の海外ユーザーからは

「うーん、興味深いけど職場では見ないほうが良さそうだ」
「マイリー・サイラスを超えたな、多分」
「まあ、面白そうだよね」

といった微妙な反応・・・

来日公演でもチームしゃちほこやSOIL &”PIMP” SESSIONSのトランペッターのタブゾンビと共演したり、毎回リスナーを驚かせてくれます!
私も行ったのですが、会場大盛り上がりでこういうイベントがもっと増えればいいのにな。。。と思ったのでした。

「Basement Jaxx ft. Team Syachihoko – Back 2 The Wild (Japanese version)」はこちら

 

 

続いて、大人気デンマークを代表するバンドMEW

以前行なったアップルストアでのアコースティックライブも大成功、4月にリリースした『+-(プラス・マイナス)』も大好評、と未だ人気の衰えを知らない彼ら。

来日の際、ホステスのインスタグラムにも登場してくれました!

こちら→https://instagram.hcom/hostessentertainment/

こちらでは新作『+−』の制作プロセスを語るインタビュー映像も見れます
MEWのオフィシャルアカウントには来日した際の中目黒でのお花見の様子もアップされています。。是非チェックしてみてください!
そんなMew、2005年にリリースした5作目のアルバム『And The Glass Handed Kites』で「White Lips Kissed」という曲の日本語ヴァージョンを発表しています。

まずは通常の「White Lips Kissed」

対する日本語ヴァージョンはこちら

タイトルは「Shiroi Kuchibiruno Izanai(白い唇の誘い)」といった、素敵すぎるタイトルです。。
今回出したアルバムもかなり好調!!!

MEW /+- (a-sya)

最新のアー写に

MEW /+- (jake-sya)

ジャケ写がこちら

アルバムのリード曲である「Satellites」。

変わらないMEWらしさがやっぱりありますね〜
サマソニに向けて予習するなら早いうちにチェックすべき!!

他にもゴーストポエット「Off Peak Dreams」は最初に日本語の語りが入ったり

2008年に惜しくも解散してしまったエル・ミラーノのフロントマン、アダムによるユニット、クラレンス・クラリティ
ファーストアルバム『No Now』の「Will To Believe」という曲で日本語の歌詞付きのビデオを公開

公式Twitterでもバッチリな日本語でつぶやいています。

そして、大のスパークスファンであるフランツ・フェルディナンドが憧れの先輩とタックを組み実現したプロジェクト、F.F.S.(エフエフエス)。

FFS / FFS (Deluxe Edition) (a-sya)(HSE-10162)

こんなアー写を見られる日がくるとは思わなかった!!

FFS / FFS (Deluxe Edition) (jake-sya)(HSE-10162)

ジャケットも無駄がありません。。
日本では6月10日(水)にアルバムをリリースしました!

アルバムには「So Desu Ne」という曲が収録されています。そうです。「そうですね」ってひたすら同意してくれています。気になるこの楽曲、全貌はアルバムをお買い上げくださいまし…!
または今年のサマーソニック深夜「Hostess Club All-Nighter」でまさかのF.F.S.が来日いたします。「So Desu Ne」が日本で披露されるかも?!!
そして、二組のコラボの最初のアイディアとしてスパークスのロンが書き上げたこの曲も素敵っ

うーん、かなり良くないですか??
FFS、個人的にノーチェックだったんですが期待です!
Hostess Club All-Nighter
詳細はこちらからチェック! http://ynos.tv/hostessclub/

この時点で豪華すぎる・・・暑い夏はホステスと過ごしましょう!

 

そして8月に新作『Marks To Prove It』をリリースするUKの5ピースバンド、ザ・マッカビーズ

The Maccabees / Marks To Prove It (a-sya)(HSU-10042)

スタイリッシュな5人組

The Maccabees / Marks To Prove It (jake-sya)(HSU-10042)

最新アルバムのジャケットまでも。。

3年ぶり4枚目となる今作にも日本語タイトルの曲が。その名も「Kamakura

ちょっと衝撃なこのタイトル、音源はまだちゃんとあがってないみたいですが、ライヴでは既にバンバンやっているそう・・!

他にも歌詞だけでなく、日本人が正式メンバーやサポートとして参加しているバンドも多く

ズン・ズン・エグイは2月にセカンドアルバムをリリース。「ツェッペリンが2013年にバンドを結成していたら、こういうサウンドになっていただろう」とも言われる。

Zun Zun Egui / Shackles Gift (a-sya)(BELLA474CD)low-res

キーボードとして日本人のヨシノ・シギハラ(写真左の女性)が参加し、日本語風にも聞こえるこの特徴的なバンド名は彼女が旅行で訪れたスペインのバスク自治州で耳にした木々を意味する言葉からとったそう。

Zun Zun Egui / Shackles Gift (jake-sya)(HSE-39766)

最新作のジャケットがこちら。
サウンドもズンズンくるような刺激的多国籍サウンド!

15″ src=”https://www.youtube.com/embed/XpRiNV_DwWw” frameborder=”0″ allowfullscreen>

セイント・ヴィンセント
Hostess Club Weekenderでもトリを務めたセイント・ヴィンセントのバンドでシンセ、ギター、コーラスを担当しているのが日本人の我らが安田さんことトーコ・ヤスダ。
以前はEnonやブロンド・レッドヘッドに参加、現在はソロプロジェクトPLUS VOLTAとして活動している。

St.vincentの独特なパフォーマンスの中、冷静に黙々と弾いている彼女との微妙な温度差? がなんともいえない・・どちらにしろかっこいいです

 

ブロンド・レッドヘッド

先ほどご紹介したトーコ・ヤスダ氏が参加していたという、第8回HCW初日のヘンドライナーを務めたアメリカを拠点に活動する日本人女性カズ・マキノとイタリア生まれの双子のバーチェ兄弟からなる3人組バンド。

こんなベテランバンドのフロントマンを日本人女性が務めているなんて、、誇りですね!

詳しくはこちらのDC(http://digitalconvenience.net/?p=5206)を見てみて下さいね〜

 

みんな大好きレーベル<Moshi Moshi>からの期待の新星テレマン

デビュー前からグラストンベリーやLutitudeといったUKの大型フェスにも
参戦、フランツ・フェルディナンド、メトロノミー、スウェードなどのツアーサポートにも抜擢されている。そんなバンドのドラムをつとめるのが、ヒロ・アマミヤ。
インテリジェンスな匂いを漂わす日本人らしいリズムがバンドのサウンドにマッチしています!

Amamiya氏もがっつり登場していますね!

日本のカルチャーも取り入れたようなMV

 

ムーン・デュオ

3月に新作「Shadow of the Sun」をリリースしたサンフランシスコのサイケロックバンド。
ウッドゥン・シップスのメンバーであったリプリー・ジョンソンと妻であり元教師という過去を持つ父親が日本人のサナエ・ヤマダによるプロジェクト。
夫婦で音楽なんて素晴らしすぎますね、やりたい。。

彼ら、ホラーズのツアー・サポートに抜擢もされる実力派!

こちらは2月に行なわれたKEXPの映像。

生活感はまったく見えない二人ですが、公私ともに順調なことは間違いありません。。

と、今回リリースが近いアーティストなどをご紹介させて頂きましたが、まだまだ世の中にはこのような作品がたくさん存在することでしょう。。

日本だってすごいんだぞ!!!
という思いが伝わったら嬉しいです。
他におもしろい海外アーティストの日本関連の作品があったら是非是非教えてください!