【DCフェスまとめ】先週末はグラストンベリーだったよ。


フェスシーズン到来!!

これから日本ではフジロック・フェスティバル, サマーソニックとありますが、イギリスではリーズ・フェスティバル, レディング・フェスティバル, アメリカではロラパルーザ, オースティン・シティ・リミッツと続々とビッグ・フェスティバルが迫りくる中、我がホステス・ファミリーからは計44アーティストがイギリスにて開催された主要音楽フェスティバル、グラストンベリー・フェスティバル (6/25(水)-29(日)) に出演しました!あなたは観に行きましたか?DCオフィスからは誰も日本を発つことなく、過ぎ去ったグラストンベリーでした・・・!

が、中にはこんな愉快な人たちがいたらしい:
waldo
(The Guardianにベスト・ルック!と称されていました)でも残念ながらこの人たちではなかったので、グラストンベリーをチェックするにはyoutubeへGO!ベッドから見れて快適ですよ。ホステス・パフォーマンスをまとめました!

Ctrl + Fを押してから、サーチバーに下記アーティスト名を入力⇒検索⇒見たい動画に飛ぼう!!
bombay

来日は目と鼻の先!!

FUJI ROCKで観れるけどちょっとチラ見:Bombay Bicycle Club (Red Marquee), St. Vincent (Red Marquee), Parquet Courts (Red Marquee), JUNGLE (Red Marquee/Planet Groove), Temples (Red Marquee), Wild Beasts (White Stage)//SUMMER SONICに出るけどちょっとチラ見:Pixies, Horrors// SONIC MANIAで観れるけどチラ見:Mogwai//11月のHCWで観れるけどチラ見(!!!)Kaiser Chiefs

summer sonic

エピソード(有)アーティスト。

DCオフィスで、タバコを吸う際外に出ず、唯一「灰皿もってこい!」と言い放ちオフィス内でタバコを吸った男:Gaz Coombes//HCW終了後、リュックサックをしょって颯爽と帰って行った人:Four Tet//この人こそがÁsgeir(アウスゲイル)の英詞を担当して英老舗レーベル<Rough Trade>ショップの年間ベスト1位に輝いた人ですよ:John Grant (アウスゲイルを求めて聴いちゃいけないです。)//NMEでデビューアルバムが8/10を獲得した2ピースバンド(兄弟)、ドレンジですよ: Drenge//BBC Sound of 2014にもノミネートされた切なく、綺麗なフォーク・ボイスの持ち主(ククルク~)Nick Mulvey//Muse, Black Rebel Motorcycle Club等のオープニングアクトを務めてきた経歴の持ち主Band of Skulls

 

過去HCW出演アーティスト。

Anna Calvi, CHVRCHES, Juana MolinaWarpaint
warpaint

大御所。

InterpolBlondie

感想集。

格好はちょっとパンク?見た目によらぬ癒しサウンドPhosphorescent//向日葵になれば気分があがると思わせてくれる。凝った演出で刺激を受けたい方は必見(ウーハー!ウーハー!)Tune-Yards//「トリプル ”か”」か(わいい)か(んのうてき)か(れい)Cate Le Bon

カバー集

MidlakeがBob Dylanをカヴァーした。(癒しのカントリーバイブス)//Kaiser ChiefsがDolly Partonをカヴァーした。//WarpaintがDavid Bowieをカヴァーした。//

それでは早速CTRL + Fで検索!もしくはスクロールダウンでホステス的グラストンベリーをお楽しみ下さい!

——————————————————————————————————————————-

Interpol 「Anywhere」
夕日に映える格好良さ。本当にどこにでも行けそう(歌詞より引用:”I Could Go Anywhere”)

St. Vincent 「Digital Witness」
「ヤー。」こんなに美しくて、衣装も素敵。なんだか誰も入り込めないだからこそ惹かれてしまう世界観を持っているのがパフォーマンスを見て明らか。

Bombay Bicycle Club: 「Carry Me」
激しく叩かれるドラムを肌で体感したくなる。ブラス・セクションも用いて迫力満点のボンベイですが、エド・ナッシュ(ベース)の髪が・・・長い・・・

The Horrors 「So Now You Know」
ファリスの足が長すぎる件。

Blondie 「Atomic」
思いっきり腕を振ってますが、デボラ・ハリー、7月1日に69歳になりました。HAPPY BIRTHDAY DEBBIE! そして、わ、若い!
しかもまさに同世代な女性が肩車されてめちゃくちゃ楽しんでる。『BLONDIE 4(0)-EVER: Greatest Hits Deluxe Redux / Ghosts Of Download』は絶賛発売中ですよ!

Gaz Coombes 「Girl Who Fell To Earth」
元スーパーグラスのフロントマンに今、恋に落ちます。でも30秒もしないうちにギターストラップが肩からぽろっ・・やるせない。

Four Tet 「Parallel Jalebi」
ライティングが完璧!!!!キエラン髪切ったのね。これを見るとHCWをもう一度!!と絶対思ってしまいます。

Phosphorescent 「Songs For Zula」
1:39の気持ちよさそうな爆睡に共感。フラフープ回してる女の人に目がさらわれる。

Juana Molina 「Eras」
HCWで彼女のパフォーマンスを観た方も「もう一度観たい!」と評価が高いフアナ・モリーナをチェック。

Mogwai 「Remurdered」
このスタートにこの照明にスチュアートの坊主がいかつい。しかも動きがゾンビみたいで若干怖い(2:44)。されど2:10からチラ聴きできる美メロ・ラインが個人的にこのトラックのミソ!

Pixies 「Where is My Mind」
マイクスタンドにPIXIESって書いてある。しかも観客の中で何かが燃えてるけど大丈夫なの?

John Grant 「Pale Green Ghosts」
この方がアウスゲイルの英詞担当しましたよ。アウスゲイル?じゃあアコースティック系なの?違います。エレクトロ・サウンド+渋ヴォイスです。
しかもいい感じに髭が生えてて、森のキャビンとかに住んでそうなのに、動きがギャングスター。そんなところにも注目してほしい。

Anna Calvi 「Eliza」
美。その一言に限る。

Nick Mulvey 「Fever To The Form」
彼に寝る際に歌って欲しい。

Warpaint 「Keep It Healthy」
飾らないかっこよさが最大限の魅力、ウォーペイントでございます。常にパーフェクト。

Warpaint 「Ashes To Ashes (David Bowie Cover)」
あぐらかいてベースを弾いてるジェニー ⇒ ♡_______________♡

Tune-Yards 「Water Fountain」
こんなにアップテンポだけど、散歩中に給水所を見て、給水器から水がなくなったらどうなるんだろう?と自問したところから生まれた楽曲。

Cate Le Bon 「Sisters」
誘惑されているのは私だけ?官能的ボイス。

Midlake 「I Shall Be Released (Bob Dylan cover)」
履いてる長靴が泥まみれなところがフェスティバル感。

Parquet Courts 「Black And White」
ちょんまげボーイがめちゃくちゃ盛り上がっている。

Wild Beasts 「A Simple Beautiful Truth」
誘惑ヴォイス。

CHVRCHES 「Recover」
「ローレンの汗がついたタオルだったら洗わず持って帰る」ってDCオフィス員は言っていたくらい、やっぱり今回も超キュートなローレン。
本人は「かわいさに注目しないで」なスタンスだけど(知性的でストイック)この可愛さやっぱり否めない。

Kaiser Chiefs 「I Predict A Riot」
リッキーがクラウドに乗り込もうとした際、ちょっと待って!脱げる!脱げる!って程誰かにズボンを引っ張られ、お尻を触られてる。向こうのファンは大胆ね~なんて思ったらセキュリティの人だった。おい?

Kaiser Chiefs 「9 to 5 (Dolly Parton Cover)」
今回グラストンベリーにも出演したドリー・パートンのカバー!

Temples 「Sun Structures」
サイケ感に浸ろう。

Jungle 「Time」
顔を公開せず、”ミステリアス”路線で行っていた彼らですが、もうこれで大胆にバレました。(でも結構ハンサム)

Jungle 「Busy Earnin’」
ライヴがとにかく最高な彼らだけど、それ以上に彼らとステージに立つのが楽しそう。

Drenge 「Bloodsports」
メンバーが二人とは思えない疾走感たっぷりのしびれるサウンド。若僧たちがクレイジーに暴れてる!前列が見事全員男・・・!

Band Of Skulls 「I Guess I Know You Fairly Well」
暑いだろうに、一番きれいに長髪がなびいてるで賞。

動画はありませんが、出演していましたよ!

The War On Drugs, Circa Waves, Melt Yourself Down, Deltron 3030, Alexis Taylor, Maya Jane Coles, Jon Hopkins, Jaime XX, Shit Robot, Beaty Heart, Glass Animals, 2manydjs, Gruff Rhys, Summer Camp, TOY, The Wytches, The Bohicas

と、ホステス・アーティストがわんさか出演していたグラストンベリーはいかがでしたでしょうか?私の今回のヒットは容姿が若干熊みたいなGaz Coombesでした。あなたのは?
それではまた来年まで!