アーティストとお酒の想い出(キャット・パワー、モグワイ他)


Sake-Sets

こんにちわ。
少しずつ気温が上がり、新緑も綺麗な時期になったりと、外で飲むお酒が美味しくなってきましたね。そろそろ今年のビアガーデンいい所ないかしら・・・?とお酒に思いを馳せている今日この頃、そもそもカシスソーダ位しか飲めなかった私が今や日本酒だ~ショットだ~と周りが心配するほどの酒飲みになってしまった要因を考えるところに、どうやらこの職業も少なからず影響があったのでは・・・と思うのです。

そう!なんだか長ったらしい前置きを書いてしまいましたが、今日はそんなHostessアーティストと想い出のお酒をご紹介!世界中から日本へはるばるとやってくるアーティスト達。国や文化が違えば、酒も違う!

キャット・パワーとテキーラ

Cat Power_s20130319211843_img1_49

6月Hostess Club Weekenderで来日が決まっているキャット・パワー改めショーン姉さん。姉さん、一時期アルコール中毒だったことは知られていますが(もう回復したらしい)、去年フジロックで来日した際に楽屋を 訪れたところ、テキーラをボトルから直飲み(!)されていました。

「あんた達もこのテキーラちょっと飲んでみなさいって!マジで美味しいから!!」
「凄いんだから~このテキーラさぁ!アガべ100%でさぁ~そのまま飲んでもすんごく美味しいのよ!」
強引に進めてきます。何度か断りつつも、「いいから飲みなさい」という姉さんの圧力に負けた私達は「じゃあちょっとだけ・・・」と思って飲むと・・・あらまぁ!本当に美味しい!!ボトルから直飲み出来るほどの、スムースなテキーラ!

ちなみにその後はThe xxを交えてショーン姉さんらは飲まれていました。

次に6月Hostess Club Weekenderで会ったときにきいておきたい、あのテキーラどこのやつだったの?(それ位美味しかった)

モグワイとウイスキー

Mogwai0913_Gullick3533_rsmogwai-whisky

こちらは前回2月のHostess Club Weekenderに来場された方なら知っていることでしょう。
お酒好きが高じてか、なんとオリジナルのウイスキーを作ったモグワイ!しかもスコットランドのグレンアラヒー蒸留所で蒸留された9年もののスコッチ・ウィスキーという、結構な本格派。

モグワイはみんな結構な酒飲みで、バリーがジョンのまつ毛をチャッカマンで燃やそうとしたのも良いお酒の想い出です(心は中学生)。

カール・バラー(ザ・リバティーンズ)とイエガーボム

CB approved3_midjagerbomb

再結成ライヴを7月に行うことが話題となっているザ・リバティーンズ。当時ピートとカールの(色んな)物語に心動かされた1人ですが、カール・バ ラーは2010年ソロ作品リリース時にプロモーションのため来日をし、六本木のとあるバーでカールが「みんなでのむぜ」と頼んだのがこのイエガーボム。

グラス半分にレッドブルを注ぎ、それとは別にショットグラスにドイツのハーブのリキュール「イエガーマイスター」をいれたものを、レッドブルグラスに落として飲むという・・・。相当なエナジーカクテルです。

多分いつも飲んでいるお酒というわけではないのでしょうが、結構なエナジーカクテル!という強烈な印象を残しました(&昭和の香り)。記憶が確かだったら、イエガーボムを飲んでその後バーの中にあったビリヤードをやっていたような・・・。

フレンドリー・ファイアーズとワイン

friendly_fireswine

2011年の代官山Unitで新作リリース前に日本へやってきたフレンドリー・ファイアーズご一行。朝から夜までがっつりプロモーション稼働する日があ り、途中で疲れたのか、夕方頃にはふかふかなソファーに座りながらワインをボトルで開けて飲みながらインタビューを受ける姿が印象的でした。XLANDで来日した際もワインを飲まれていました。おしゃ~!

エンター・シカリとショット

entershikarishot-drinks-22

日本に来たら毎回夜な夜なロックバーへ繰り出すエンター・シカリ。ベロベロに酔っ払ってひとまずみんなでショットを飲むというコース、何度したことか・・・。大阪で酔っ払ったロブにおにぎりとエロ本買ってあげたのもいい想い出です。

(番外編)

フォー・テットとCCレモン

k_s_240x240cc-lemon

2006年、今は亡きスティーヴ・リードと共にやってきたフォー・テット。6月の暑い日にHostessオフィスで取材をこなすため、ジャンボ・チョコモ ナカとCCレモン(甘党キエラン)で栄養補給していた姿が印象的でした。CCレモンチョイスとは・・・。ちなみにスティーヴ・リードはちょっと高級志向な ハーゲンダッツとポテチとキットカットを購入し、フォー・テットと一緒にキットカット・ブレークをするというほのぼのな一面も。本当に親子みたいなこの2 人の姿、もう見れないんだなぁ・・となんだか書きながらちょっぴりおセンチに。

ブラッドフォード・コックスとほうじ茶

BFCDSC03103

ディアハンターのフロントマン、ブラッドフォード・コックス。ちょっと変わった方なのですが、ひとまず取材時はおにぎりとほうじ茶があれば大丈夫。という か、むしろなければ取材してくれません。憤慨されます。物凄く。恐ろしい位に。しかも1日に何十個も食べる。食べる食べる食べる・・・このおにぎりとほう じ茶のせいで、スタッフが毎回コンビニを走り回っているのもいい想い出・・・。

 

さて、長々と書いてきましたアーティストとお酒の想い出。次お酒を飲むときには、「あ、このお酒はあのアーティストが・・・」と思いだしながらお酒をチョイスするのも楽しいでしょう。そして6月Hostess Club Weekenderに飲みながら遊びに来て下さいね(最後は宣伝!)!