FUJI ROCK FESTIVAL’13まであと2週間!注目アーティストはこの2組だ!!


みなさんはじめまして!インターン山本です。

先日FUJI ROCK FESTIVAL’13のタイムテーブルが発表されましたね!
Hostessファミリーも多数出演しますが、その中でもこのファミリーに注目!
個人的おすすめを2組ご紹介いたします。

 

7/28(日)
Red Marquee(レッドマーキー)13:55~

Daughter(ドーター)

http://gigsinparis.com/wp-content/uploads/2013/06/daughter-band-590x350-paris-rock-en-seine-2013.jpg

(写真L→R)

ギター Igor Haefeli(イゴール・ヒーフェリ)
ギター・ボーカル Elena Tonra(エレナ・トンラ)
ドラム Remi Aguilella(レミ・アギレラ)

 

Daughterは、女性ボーカルのElena Tonra(エレナ・トンラ)を中心に
ロンドンで結成された3人組のバンド。
イギリスのインディー・シーンを代表する老舗レーベル〈4AD〉と契約しました。
Grimes(グライムス)Deerhunter(ディア・ハンター)Camera Obscura(カメラ・オブスキューラ)
The National(ザ・ナショナル)Inc.(インク)4ADからリリースしていますね。
こちらの映像、うつむきながら歌う、エレナの表情がなんともいえない。かわいい。
曲によってエレナがベースを弾いたり、イゴールがベースを弾いたりします。
同じベースをメンバー内で交代して使う姿にグッときますね。

 

Daughter – Full Performance (Live on KEXP)

 
ドーターの新PV「Youth」がこちら。
この曲、あのゴッチことASIAN KUNG-FU GENERATION
後藤正文さんもtwitterで絶賛しておりました~

 

Daughter – Youth

 

 

ここで心ときめくDaughterの素敵ポイントをご紹介!!

 

その1.Daughterのアートワークが素敵!!

 

このジャケットはボーカル・エレナの幼少時代の写真だそうです。
かわいい!!!ちなみに一緒に写っているのはエレナのお兄さん。

 
『The Wild Youth EP』

 

 

『His Young Heart EP』

 

 

その2.エレナとイゴールが恋人同士!!

 

恋人同士でバンドが組めるって素敵ですね~。
距離が近いゆえに苦労することも多そうですが・・・(余計なお世話)

きっと彼女たちの関係性が、音楽活動にも良い影響を与えているのでしょう。

 

フジロックで初来日を果たす彼女たち。
どんなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみですね!

 

 

続いて、注目アーティストをもう一組ご紹介いたします。

 

7/28(日)

White Stage(ホワイト・ステージ)17:15~

Toro Y Moi(トロ・イ・モワ)

Toro Y Moi

トロイモイじゃありません!トロイモワです!よく間違えられます・・・
サウスカロライナ州コロンビア出身のChaz Bundick(チャズ・バンディック)によるソロ・プロジェクト。
現在はカリフォルニアのバークレーを拠点としています。

TAICOCLUB’11で初来日、2012年には記念すべき第一回目Hostess Club Weekenderに出演。
そして今年FUJI ROCK FESTIVAL 2013で3回目の来日です!
フィリピン人の母とアフリカンアメリカンの父を持つトロちゃん
巷ではチルウェイヴ代表なんて呼ばれてたり。
サイケデリックでドリーミー、淡く切ないシンセ・ポップといったところでしょうか。
一言で表すことができないジャンルレスなミュージックです。
夕暮れのビーチで聴いたら最高でしょうね・・・
FUJI ROCKでは夕暮れ時のホワイトステージなので、これまたムーディーな時間になりそうです。
晴れるといいなあ。
ちなみに、Washed Out(ウォッシュト・アウト)ことアーネスト・グリーン(Ernest Greene)とは
サウスキャロライナ大学で出会い、現在も交流があるそうですよ。

 

そんなトロちゃんが先日出演した、Glastonbury(グラストンベリー) 映像をどうぞ。

オーディエンスのみんながいい感じにゆらゆら踊っていて最高!

 

Toro Y Moi – Say That at Glastonbury 2013

http://www.youtube.com/watch?v=5TN_iGpRKio

 

 

 

————————————–

 

 

今回は紹介しきれませんでしたが、他にもHostessからはVampire WeekendLocal Natives
KyteCat PowerYo La TengoThe xxSavagesが出演します。
The xxJamie Smith(ジェイミー・スミス)によるJAMIE XX名義でのDJショウも外せません。
今年は、Hostessファミリーの出演が3日目に偏っていますね。
グリーン/ホワイト/レッド・マーキーから離れられない・・・!!!

みなさんのフジロックタイムテーブルはどのようになりそうでしょうか?
Hostessファミリーの勇姿を、ぜひご覧ください~!

それではまた!

 

 

————————————–

 

■リリース情報

 


Daughter 『If You Leave 』
2013年3月27日リリース
\2,490(税込)
※日本盤はボーナストラック2曲、ライナーノーツ付

 

ToroYMoiAnythingInReturn.jpg

Toro Y Moi『 Anything In Return』
2013年1月16日リリース
\2,490(税込)
※ 歌詞対訳、ライナーノーツ付