ニックに聞け!


 

 

ここ日本に鎖国令を出させた伝説の男、ニック・ケイヴが帰ってくる!

 

グラインダーマン名義でのロックンロール回帰時代~『Dig! Lazarus! Dig!』を経て、オーストラリアが誇る暗黒代王、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズが約5年ぶりとなるニュー・アルバム『プッシュ・ザ・スカイ・アウェイ』を2月27日(水)に日本リリースしちゃいます!

 

<ここで軽くおさらい>ニック・ケイヴと言えば、ザ・バースデイ・パーティのヴォーカリストとして80年代初期に音楽シーンに颯爽と登場、オーストラリア出身とは思えぬ湿っぽさを持つそのポスト・ロック(またはゴス)・サウンドで注目を浴びると、その後84年にニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズを結成、その独特な世界観と暗黒サウンドを探求し続けること早30年、今までに14枚のアルバムを発表し、熱狂的という言葉では表現しきれない熱いファン層を世界中に築き上げたのでした。圧倒的なカリスマを持つニック・ケイヴに影響を受けたミュージシャンは数知れず、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)やアレックス・ターナー(アークティック・モンキーズ)などもニックからの影響を公言してはばからないとか。ロック界に脈々と続く、“破壊的なロック”の美学の形成にニックが一役買ったことは火を見るよりも明らか(根拠はないですが)。そういえば、最近ではパーマ・ヴァイオレッツなんかもニックのファンだそうですよ。そういったミュージシャンからの支持の高さも手伝い、今やニックは世代や国籍を超えて支持されるロック・アイコンとも呼ぶべき存在となったのです。

 



 

・・・とはいえ、その海外での熱が高まる一方で、ここ日本では今やニックの音楽よりも98年フジロック伝説(知らない方はググってみてください)のほうが有名になってしまったかもしれないというのも悲しいかな、あながち間違ってはおりません。若いファンにとっては「ニック・ケイヴ?アメコミ映画出てるハゲた人?」(←それはニック・ケイジ!)と呟かれても仕方がないほど、遠い存在になってしまいました。それもそのはず、だって98年から来日公演がないんだもの!どんだけ格好良いって海外ブログで騒がれても、ライヴ見る機会がないんだからしょうがないじゃない!・・・と、ぶつけどころのないやるせない思いを抱えているそこのあなた、チャンスです。

 

なんと『プッシュ・ザ・スカイ・アウェイ』のリリースを祝し、ニック本人があなたの質問に答えちゃいます!質問方法は簡単、ハッシュタグ「#asknickcave」を付けて英語で質問をtwitterでつぶやくだけ。日本時間2月20日(水)深夜2時から、バンドの公式Twitterアカウントで、ニック本人が投稿された質問に返答をしてくれるそうですよ。音楽活動の傍ら小説を書いてみたり、ジャケに嫁写真(美しい!)を起用したりと、一時期の乱暴者イメージからかけ離れた落ち着きキャラが浸透したニック様だけに、もうフジのことを聞いても怒らない・・・とは限らないですが、勇気のある方はぜひ切れ味鋭い質問をぶつけてみてくださいね!

 

ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ公式アカウント: http://twitter.com/ncandtbs